キャンプテントの中古の選び方、ポイント!

 

188521
夏休みで家族でキャンプに行こう!となったときから
お父さんの楽しみ&悩みの始まりです!

テント、コンロ(グリル)、テーブル、イス・・・

揃えてレジに持っていったら目が点に・・・
よし、中古だ!
中古屋さんでテントを見つけたけど買っていいかわからない!?

そんなときの判断についてです

スポンサードリンク

 

中古のキャンプテントの選び方

キャンプに行くぞ!!
ってことでまずはじめに考えるのはテントですね!?

今回のモデルケース家族4人とした場合新品のテントの場合大体¥35,000~¥60,000くらいでしょうか!?

My道具好きのお父さんなら是非買うことをおすすめします!
愛着がわくし、行こう!と思ったときにすぐ行けるし、
買ったその日からキャンパーの仲間入りです!

ただ結構値段もしますよね?
テントは最近レンタルしてくれるキャンプ場も多いようです

ちなみに私が良く行くキャンプ場などではテント大型(4~5人用)の
レンタルでも¥1,000くらいで借りれちゃいます(価格破壊だー・・・)

ただレンタルは気軽で良いですがトラブルも結構ありますよ

以下体験談です

私はテントを持っているのですが、そのときは準備をする暇が
あまりになくてテントはレンタルすることにしました

ウキウキ気分でテントを借りて設置開始!
するとおかしなところがちらほらと・・・

正直、どこでも生きていける術をいろいろ身につけているので
その場で対処しちゃったんですが、普通は無理だろうな!
ってトラブルが2箇所もおきました

貸す方もお金を取っているのだから、しっかりメンテナンスして欲しいですね!!!
繁忙期で手が回らなかったんでしょうね?

と言うことでやっぱり
自分の道具にして、しっかり自分の責任でメンテナンスしたほうが楽しさ倍増です!

そこで注目なのが中古のテントです
でも中古って知識が無いと怖いですよね?
そんな方に中古テントを選ぶときのポイントの紹介です

うまく買えば半額くらいで買えちゃいますね!

中古テント選びのポイント
・製造年月日から出来れば3年以内

・内側の素材が経年劣化していないか?

・ジッパーはしっかり閉まるか?

・4隅のパーツはしっかり付いているか?

・ポールは激しい損傷はないか?

もちろん生地が切れていないか!などは基本すぎるので触れませんでした
難しいポイントについてのみ解説しますね!

中古テント選びのポイント

では細かく見ていきましょう!

スポンサードリンク

・製造年月日から出来れば3年以内
・内側の素材が経年劣化していないか?

まずこのポイントですが、テントやタープは防水のため
生地の裏側にウレタンコーティングが施されたものが多いです

そのウレタンコーティングの劣化はおよそですが、
3~5年で始まります

どのような症状になるかと言うと、

裏側がベトベトしたり
こするとコーティングがボロボロ剥げ落ちたり

します。
こうなっているものは二度と直りません
しかし、10年経っても全然問題なしと言うものも有ります

ここは一番難しいポイントかもしれません

あと、ニオイを嗅いでください
○ロのようなニオイがし始めたらNGです
見た目は大丈夫でも劣化が始まっていると思ってください

・ジッパーはしっかり閉まるか?

次はジッパーです
出来るならテントは張ってもらってください

壊れているジッパーは閉まらないからすぐ分かるのですが
壊れかけているものは分かりずらいです

壊れかけているものはテンションがかかると開いていってしまいます
ここがポイントです
なので張ったほうが分かりやすいです

でもこれに関して言うとジッパーは直ることが多いです
専門店ならば直してくれると思います

私に起きたトラブルと言うのもこのパターンです

・4隅のパーツはしっかり付いているか

今回、もう1つ私に起こったトラブルです
ポールを受けるパーツが有りませんでした・・・

そうなるとテントは自立しません
テントとしての機能を果たすはずが有りません

・ポールは激しい損傷はないか?

ポールを見るポイントですが、ポールは正直曲がって当たり前です
なので適度に曲がっているのは正常の範囲です

見るのはポールの継ぎ目です
ポールの接合が甘いまま(奥まで入っていない)立てようとすると、
接合部の薄い場所にテンションがかかりそこに亀裂が入ります

その亀裂はそのうち裂けてきてジョイントできなくなります

実はこれも専門店なら駄目なポールだけ交換できるはずです

と、重要なポイントを挙げましたが余計なメンテナンス代がかかる場合は
それも含めて中古を考えたほうがいいですね!

あっ、書き忘れました

フロアの生地についてです

ブルーシートのようなガサガサしたもので出来たテントは安物テントです
すぐ穴が開いて、水が入ってくるので手を出さないほうが懸命だと思います

そういったテントは新品で買ってももともと安いはずです

まとめ

私も良く利用します「中古のアウトドアグッズ」
オークションなどでも高く取引されていることからも需要の多さが伺えますね!?

でも目利きが難しいのもアウトドアグッズです

中古店の場合、店員さんも素人同然のことが多いです
自信がなければ詳しいお友達などと一緒に行かれることをおすすめします

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。