インフルエンザワクチンの値上げの理由と未接種が急増の訳

 

インフルエンザが流行ってくるのは12月くらいから
そしてピークはこれから1~3月くらいにきますが、
インフルエンザワクチンの予防接種はしましたか?

行ってみてびっくりした人も多いと思いますが
これから行く人のために値上げの情報です!

その理由を聞けば納得の値上げでした。
でもそのせいで予防接種しない人が急増しているそうです!

スポンサードリンク

インフルエンザワクチンの値上げの理由は?

健康保険が使えないため自費での摂取に加え
インフルエンザワクチンの予防接種って医療機関によって価格が違うことご存知ですか?

私が住む地域でも1回¥3,000のところと¥3,500のところがあります。
なんか噂では¥4,000のところもあるそうですね。

大人は一回の接種で済みますが、
13歳未満の子供は2回の接種が必要なので2回の合計金額は
¥6,000~¥8,000です。

うちの子は昨年は¥2,500のところで接種していたので
今年の接種の2回の出費の差は合計¥1,000~¥3,000にもなります。

なかなかの金額ですね。

でもどうして値上げしたんでしょうね?

ちょと気になったので調べてきました。

その答えはインフルエンザワクチンの種類の差でした。

ワクチンには種類があるのはご存知ですか?
よくA型が流行ったとかB型とか言うやつですね。

もうちょっと詳しく言うとA型には2種類あります。
(知りませんでした・・・)

インフルエンザA型の種類

・H1N1型
・H3N2型

そしてB型にも2種類有ります。
(これも知りませんでした・・・)

インフルエンザB型の種類
・山形系統
・ビクトリア系統

そしていつも私たちが打っているインフルエンザワクチンは
A型の2つと、B型のどちらか1つが入っていました。

B型のどちらかはどこかのお偉い方が決めるらしいのですが、
もし流行したものが接種しなかったB型だった場合
ワクチンを接種した人も、そのB型は接種していないから大流行になります。

スポンサードリンク

そして実はここ3年くらいはB型の両方ともが流行していました。

そこでB型のうちどちらかではなくて、両方にしようということになったそうです。
つまりA型2種類、B型2種類の全部になりました。

確かに接種するほうとしては、せっかくワクチンを打っているのだから
効いて欲しいですよね?
インフルエンザになんてなりたくないですよね?

だから4種全部にしてくれることは大歓迎です。
そして実はこれが値上げの原因だったのです。

どういうことかと言うと、
当然種類を増やすのであれば製造のコストが上がるそうです。

それが今年¥500から¥1,000くらい値上げをしている理由だったのです。

また値上げか!?って思ってましたけど
こういうことならば仕方ないのかな?って思います。

インフルエンザワクチン未接種の人が急増の訳は

インフルエンザワクチンの予防接種しない人、
未接種の人が増えているそうです。

その理由はこの流れなら予想がつきますよね?

そう、値上げによる未接種が急増しているそうです。

もともとインフルエンザワクチンを接種しても
インフルエンザにかからない訳ではないこと知っていました?

接種してもかかることもあるのですが、じゃあなんで接種するの?
となりますが、それは
「かかっても重症化しにくい」
と言う理由からです。

なので接種してもかかることがあります。

それと今回の値上げの相乗効果で、接種しない人が増えているそうです。

特に子供や、幼児は重症化することもあるので
なるべくなら接種したほうが良いそうですよ。

まとめ

消費税も値上げしますし、いろいろなものが値上げしていて
生活に影響してきていますね。

でも安心して医療くらいは受けたいな、そのための税金なら仕方ないかな?
って最近特に感じることが増えました。

皆さんはどうですか?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。