自分がワキガか確かめる方法と自宅で出来る対策

   2016/01/10

089985

自分ってワキガかも?

そう思うと気になって気になって仕方が有りませんね?

病院の受診をおすすめしますが
その前に自分で出来るセルフチェックがあります。

自分のためにも、周りの人のためにも
知っていたほうが良いので早速チェックしてみてください。

スポンサードリンク
 

自分がワキガか確かめる方法

自分がワキガかどうか一刻も早く知りたい!

そんなときは自分でチェックしてみましょう。

1、家族にワキガがいるかどうか?

もし自分がわきがかな?と気になっていたら
ご家族の臭いもチェックしましょう。

ワキガは遺伝します。

ただこの方法は臭いに慣れてしまっていたりして
分からないことがあります。

そんなときは次の方法です。

2、耳垢の状態

ワキガの人は耳垢がジクジク湿っていることが多いです。

綿棒で耳を掃除してみてください。

ベトって耳垢がつきますか?
カサカサしていたらワキガでない可能性が高いです。

ジクジクしていたらワキガの可能性が高いです。

3、シャツの脇の部分が黄ばむ

ワキガの原因には脂質やたんぱく質が多く含まれる
汗が分泌されるという点があります。

この汗はアポクリン腺というところから分泌されるのですが、
そのアポクリン腺からは一緒に色素成分の『リポフスチン』
というものが分泌されます。

ワキガの場合この色素成分が多く分泌されます。

よってワキガの人はわきの下に色がついて
「黄ばみ」となります。

とくに女性はおしゃれで白、水色などを着ますよね?

でも白や水色の淡い色は黄ばみが目立つ色でもあります。
みれば分かるので自分のシャツの脇の部分が黄ばんでいないか
チェックしてみてください。

スポンサードリンク

まとめると

ワキガのセルフチェック方法
1、家族にワキガがいるかどうか?

2、耳垢の状態はジクジクしていないか?

3、シャツの脇の部分が黄ばむ

上記が該当しているとワキガの可能性が高いです。

でも思春期など、またはホルモンのバランスによってなど
汗の量によって自分ってワキガ?
と思うこともあると思います。

一時的なものかもしれませんし、
ただの多汗症かもしれません。

もし、セルフチェックして本当にワキガかもって思ったら
病院の受診をおすすめします。

ワキガの原因はポクリン腺からの分泌物ですから
そのポクリン腺を取ってしまうワキガ手術があります。

保険も効く手術です。

自分ひとりで悩むと、いろいろ心配しなくて良いことだって
心配しているかもしれません。

専門家の意見を聞いてみるのが一番のおすすめです。

ワキガの自宅で出来る対策

ワキガの自宅で出来る対策はいろいろあります。

代表的なものですと

・ミョウバン水

古臭いかもしれませんが
冬の対策はこれだけで大丈夫と言う人もいます。

薬局で100円くらいで買えるミョウバンは
後述のデオドラントクリームなどより
一番コストのかからないワキガ対策です。

・デオドラントスプレーやクリームを使う

ポイントは臭くなってから使うのではなく
シャワーを浴びて清潔な状態で使うのがよいです。

汗をかいてからだと雑菌が繁殖して効果が弱くなってしまいます。

朝シャワーを浴びてから塗っても
時間が経つと効果は落ちてきます。

塗りなおすときには、Ag+など殺菌作用のあるシートで
わきの下を拭いてから塗りなおすと効果的です。

・わき毛をそる

毛があると分泌物がたまってにおいが発生しやすくなります。

・アルコールやタバコはほどほどに

アルコールは体温が上昇しやすいので
汗をかきやすくなります。

タバコに含まれるニコチンはアポクリン腺からの汗の量に影響します。

汗の量を減らす、これもワキガの対策の一つです。

まとめると

自宅で出来るワキガの対策
・ミョウバン水 

・デオドラントスプレーやクリームを使う

・わき毛をそる

・アルコールやタバコはほどほどに

ワキガ手術に行く前にクリアネオ

  • こちらもCheck
ワキガ対策のクリームの効果的な使い方!わき毛との意外な関係!?

まとめ

自分がわきがでないのか?
なかなか自分では判断がつかないので困ります。

仲の良い友達だって遠慮して言ってくれないのかもしれません。

臭いは目で見えないので
目で見えるものでチェックすると良いかもしれませんよ!

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。