妊娠線はなぜできる?ケアしてもクリームの塗り方でできてしまったんです

 

171604

待ちに待った妊娠!出産までの道のりは人それぞれです。
楽しみと不安が入り混じる時期でもありますね。

女性の大多数が気になるのが
そう妊娠線ですね。

私の実体験も含めて妊娠線対策、
とっておくべき対策を紹介します。

私のように失敗しない様にいてくださいね!

正しく塗らないと、クリームを塗っても出来てしまいますよ。

スポンサードリンク

妊娠線はなぜできる?

妊娠線ってなんで出来るんでしょうか?

妊娠線ができる大きな要因は、
急激な体重増加とホルモンバランスの変化です。

お腹の赤ちゃんが大きくなるにつれ、
お腹の皮膚も伸び始めます。
そしてスイカのような肉割れができてしまいます。
これを妊娠線と言います。

人間の皮膚は
・表皮
・真皮
・皮下組織
の3層構造でできてます。

体重増加によって急激に皮膚が伸びることにより、
真皮層がついていけず断裂してしまいます。

妊娠線が赤く見えるのは、何かというと
薄くなった皮膚から、毛細血管が透けて見えるからです。

そして赤かった妊娠線は
出産後は白っぽい跡になり残ります。

妊娠線はケアしてもできるの?ケアしてたつもりなのに、なぜできた妊娠線

ここからは私の実体験です。

つわりの重かった私は安定期に入るまで、食欲減退。
-3kgになり辛かったけど、ちょっとラッキーな気持ちになりました。

安定期に入ると嘘のようにスッキリして、食欲復活です。

それに伴い体重増加とお腹の赤ちゃんも成長して、
お腹の膨らみも目立つようになってきました。

この頃から市販の妊娠線用クリームを塗り始めるました。

風呂上がりにしっかりと塗り塗り!
これで安心と思っていました。

妊娠後期に入ると、だんだんおへそ周りに痒みを伴い始めました。
それでも、毎晩塗っていたので大丈夫と思っていたその頃の私です。

そしてそのまま出産へ突入。

スポンサードリンク

生れてみてビックリ!!!
下腹部に皮膚のたるみと
妊娠線の跡がびっしりあるじゃありませんか!?

ケアしていたのに!

そう、塗っていたつもりでも実はケアが足りていなかったんです。

みなさん、塗っているから大丈夫という思い込みは、
とっても危険なんですよ。

妊娠線クリームの塗り方

私は出産の後、
赤ちゃんやマタニティについて勉強し
今はそれを職としています。

その勉強過程で知ったのですが
私の体験談からも分かるように、
妊娠線の予防クリームはただ単に塗っているだけでは
予防しきれません。

大切なことは、
塗るタイミングとクリーム(保湿剤)の選択です。

体験の中でも記述したように、”痒み”のサインがありましたね。
痒いということは、皮膚が乾燥しているということなんです。

つまり風呂上がりに塗っているだけでは
足りていなかったようです。

お腹の膨らみとともに、多くの妊婦さんがつける腹帯も
乾燥の原因の一つです。

そうでなくても、妊婦さんは体温は高いです。

そのうえ腹帯をすると、
お腹が蒸れたり、摩擦を起こしやすくなります。

しっかりと朝・晩にクリームを塗って保湿します。
そして、痒みがあるところはさらに念入りに保湿をしましょう。

そして、クリーム(保湿剤)の選択です。

クリームは保湿力の強い

・セラミド
・ヒアルロン酸
・コラーゲン

入りがおすすめです!

そして、塗る量ですが、思っている以上にたっぷりです。

塗ったあとにティッシュをのせても落ちない位が目安となります。



妊娠線は薄くなることはあっても、消えることはありません。

皆さんの塗り方はどうですか?
大丈夫ですか?

まとめ

妊娠期はお腹の中で動く赤ちゃんを感じられる幸せなときです。
ママがお腹の赤ちゃんに語り掛けながら塗り塗りすることは、
ママのリラックス=お腹の赤ちゃんにも伝わります。

この時を大切に過ごしていただけたらと思います。

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。