テントのペグが曲がったり刺さらないよー立て方のコツは?

   2016/03/01

bf1fe494afd343e1a8563da497e30ce2_s
暖かくなってなってきましたね?

先日テントメーカーのスノーピークショップ
に行ってきたのですが、キャンプシーズンを前に
店内は大混雑していました。

その時隣にいたファミリーの会話に
「ペグってどうやって打つの?」
って会話がありました。

よくあるペグにまつわる失敗話。

今日はテントの立て方のコツを紹介したいと思います。

スポンサードリンク

テントのペグが曲がったことありますか?

お気に入りのテントも購入して、
テーブルセットも買って、
寝袋も買って、
いざキャンプ場に行きました!

「お父さんがテントを立てるから○○は遊んでていいぞー」

と頑張るお父さん。
でも頑張りすぎたのか、ペグがぐにゃと曲がっちゃった…

そんな経験ないですか?

おかしいなぁ~
お父さんが力入れすぎたのかな?

誰もが通るテントあるあるですよね?

またこんなことも有りませんか?

テントのペグが刺さらないことありますか?

今日はいつものオートキャンプ場じゃなくて
行きたかった河原のキャンプ場

いつものようにテントを立てようかな?
と、いつものようにペグを打つお父さん

ガンガンとハンマーで打ち込むんだけど
ペグが途中までは入るんだけど
その先は全然は入って行かない。

全然刺さりません…

大丈夫かな?また曲がるかな?
なんて恐る恐るハンマーを打っていると
やっぱりペグは曲がるわ、しまいにはハンマーが壊れたりと…

このペグもハンマーも不良品なんじゃないかな?
なんて思いますよね?

でも市販のテントについているペグなんて
悲しいですがそんなものなんです。

ひどい(?)ものだとプラスチックのペグとか
付いていません?

はっきり言ってあんなの使い物になりません。
お花見なら使えるかもしれませんが。

ていうか固い公園の土なら
お花見でも使えないかもしれませんね。

プラスチックでなくても
アルミの直系が5、6mmの細いペグだったりすることも有りますよね?

アルミピンペグなんて名前で売られてもいるやつです。

あれは風が絶対ないなんて言うときにはいいんですが
風が来れば抜けることもあるし
たいして強度ないですよ。

やっぱりペグは刺さらないと意味がありません。
河原で刺さるペグなら大体どこも大丈夫なはずです。

いろいろなペグを試してきた私がおすすめする
アスファルトでも刺さる?ペグを
を紹介します。

テントの立て方のコツは?

テントってバシッと貼ってると
めちゃめちゃカッコいいですよね?

やっぱりカタログに出てくるテントのように張りたいですよね!

あんなふうにテントを張るにはどうすればいいのか?

それにはやっぱりペグです!

やっぱりペグはすごく大事です。

そしてペグの種類がすごく大事です。

ペグの種類を良いものにするだけでも
全然変わりますよ!

私が使っているのはこれです。
めちゃめちゃ強いですよ!

4~5人用の大型テントにはコチラ

スポンサードリンク

2~3人用の比較的小さなテントにはコチラ

あと忘れちゃいけないのがハンマーです。
強いペグを弱いアルミのハンマーなんかで
打ったって全然はいらないですよ。

アスファルトでも刺さる(?)言われるペグにはやっぱり
最強と言われるハンマーがおすすめです。

スノーピークと同じ新潟の三条で作られている
こだわりのペグハンマーです。

何よりめちゃめちゃペグが抜きやすいです。
30cm位のペグががっちり入っていたら
普通のペグ抜きじゃなかなか抜けないです。

何よりこのハンマー使い込むほどに味が出てきますよ。
使っていて気持ちいいです!

まとめ

ペグがかっちり決まると
テントから出る張り綱もすごくしっかりテンションがかかります。

やっぱりテントをうまく張るコツは
ペグ
ですね!

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。