目のくまはパソコンが原因だった!?治し方を教えて

 

目の下のクマさんは元気ですか?
たまには休んでほしいクマさん

なかなか休んでくれないんです・・・(泣)

でもちゃんと原因別の対処をすることで
「あれっ、今日はクマさんお休みみたい!」

とクマは治し方によって目立たなくなります。

あなたのクマさんもこれで休んでくれたら嬉しいです。

スポンサードリンク
 

目のくまはパソコンが原因だった!?

ところであなたのクマさんは何色ですか?

実はクマは種類があるんです。

クマの種類

・茶色っぽいクマ…茶クマ

・青っぽいクマ…青くま

茶クマの原因は色素沈着と言って、
メイクやマスカラが原因です。

しっかりとメイクが落ちていないことによるものなので
目元専用のリムーバーなどを使って
しっかりとメイクを落としてあげてください。

ウォータープルーフのマスカラなんて
特に落ちにくいですからしっかり落としましょう。

でも、落としたいからと言って
強くこするのはNGです。

目の下の皮膚は薄いですから優しく落としてくださいね。

そうしないと擦ったことによって
皮膚が荒れて、硬くなって、
またクマが出来るなんて事もあります。

よく花粉症の時期、目が痒くてしょうがなくて
擦っていたらクマが出来ちゃった
というパターンがそれですね。

そして青いクマの場合です。

青いクマの原因は主に
・疲れ
・寝不足
・血行不良
などです。

上記の3つは複雑に絡み合っているので
どれか一つではないと思います。

こういった原因を取り除くことで
青クマの場合は解消されていきます。

つまり青クマは
生活習慣、生活リズムなどとかかわっています。

次章では青くまにクローズアップして
青クマの治し方を見ていきますね。

青いクマの治し方

青クマのおもな原因は先ほども書きましたが

・疲れ
・寝不足
・血行不良

です。

と言うことは
しっかりと疲れを取るということがとても重要です。

青クマが治ったと言う人は

・1日8時間以上寝るようにしたり
・夜の10時~深夜2:00の間には熟睡していたり

と質の高い睡眠を心がけることにより治った
と言う人も多くいます。

もしお仕事の関係で
「そんな時間寝るの無理だよー」
でない方は、まずはしっかり寝ることから対策してみてください。

青クマを飼っている人、
ところでお仕事は何をされていますか?

もしかしてパソコンに携わるお仕事でしょうか?

それかパソコンに関係するお仕事でなくても
スマホの使用頻度が多くないですか?

ブルーライトって聞いたことありますか?

スポンサードリンク

ブルーライトとは
パソコンやスマホから出ている光なのですが
紫外線のような性質の光なのです。

紫外線

って聞いただけで女性は
「ヤバッ」
って思いますよね?

外出時はしっかりと紫外線対策するけど
ブルーライト対策はやってますか?

このブルーライトは直接も美容的には良くないとされていますが
夜の睡眠にも関係しています。

ブルーライトを浴びた体は
体が夜ですよー
という認識をしにくくなります。

そうすると
・なかなか寝付けない
・質の悪い睡眠になる

など寝不足という状態になりやすいです。

寝不足によって体がだるい
なんて症状も青クマには関係していたんです。

ブルーライトの対策は簡単で
ブルーライト対策グッズなどがでています。

ハンズなんかだと
専用のコーナーがあったりしますね。

そんなグッズを使用してみるのがいいですね。

そしてパソコンやスマホを作業、操作している時って
瞬きを忘れたりと顔の筋肉を動かさなくなりますよね?

実はこれも原因の一つです。

クマの原因の一つに血行不良があります。

長時間顔を動かさないと、顔の筋肉が固まってしまい
血行不良になりやすいです。

なので青クマに治し方は
顔の筋肉を柔らかくすることにより血行を良くする
これがポイントです。

youtubeに目元の筋肉をよくする
マッサージがあったので是非参考にしてみてください。

ちなみに目元のクマ対策だからと言って
目元のマッサージだけをするのは良くないそうです。

結局体はつながっていますから
目元だけやってもあまり効果は無いんです。

肩甲骨辺りからしっかりほぐしてください。

その後に首、目元とやると
クマを撃退しやすくなるんですよ。

まとめ

目のクマ、顔のほうれい線は
実年齢より老け顔に見えちゃう原因になります。

毎日の何気ないケアが若さの秘訣です!

ほうれい線を簡単に消す方法!お風呂や寝る姿勢でも対策出来ますよ

ほうれい線やたるみの原因は加齢なの?消えた方法とは?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。