妊娠中のインフルエンザ胎児へ影響ある?予防接種妊婦は受けていい?

 

b578ed8844b706627041f6958880c33f_s
妊娠すると色んな病気が気になりますね。

妊娠中は特に抵抗力や体力が落ちています。
だからこそ、誰もが薬を飲まない状態を維持していたいと思っています。

インフルエンザが流行り始めてしまった時、妊婦さんはどうするべきなのか?
家族がインフルエンザになったら?感染してしまったら??
予防接種を受けても良いのかな?タミフル飲んで大丈夫かな?

沢山の不安と疑問が沸き起こってしまいますよね。

妊娠中はお腹の中に赤ちゃんを宿している以上、
口にするものや体内に入ってくるもの全てに気を遣います。

妊婦さんの為にも、胎児の為にも何をどうしたら良いのでしょう?

スポンサードリンク
 

妊娠中にインフルエンザにかかった時の胎児への影響は?

結論から言えば、影響はないと言われています。

インフルエンザが直接的な影響を与える事は実証されていないのですが、
総合失調症や双極性障害のリスクが
インフルエンザにかかっていない母体と比べて
4倍にリスクが上がるという研究結果はあります。

だけども、インフルエンザにかかって薬の影響を気にして
漢方薬や自然治癒をすると、肺炎や脳症を発症し重症化してしまう恐れもあるんです。

それならば、早期に薬を飲んで軽症のまま早めに完治する方が安全です。

また、妊娠中から出産8日前は胎児への影響はないと言われています。
ただ、切迫早産の可能性はあるのでインフルエンザに罹った時は安静が一番の治療法です。

もし、家族がインフルエンザにかかったら・・・

酷な話ですが速やかに隔離しましょう。

感染した家族を部屋から可能な限り出さない事。
それが無理なら、感染した家族が触った物はすべてアルコール除菌を行い接触感染を防ぎます。

部屋の中が乾燥してしまうと、ウイルスはふよふよと移動してしまうので
部屋の中の湿度を40~70%に上げましょう。

妊婦さん本人が感染した場合、すぐに病院に行きましょう。

そして、胎児の事が気になるので産婦人科に行きたいところですが、
必ず産婦人科に事前に症状を説明して、判断を仰ぎます。

産婦人科にはほかにも妊婦さんが診察に来ています。

飛沫感染、接触感染を避けるために病院側から
内科を受診するよう指示される可能性もあるので、
いきなり行って無駄骨にならないようにしましょう。

インフルエンザの予防接種妊婦は受けていいの?

予防接種、受けましょう!
いえ、受けるべきと言えますね。

インフルエンザが流行り始めたら家から出なければ良いと思っていましたが、
数か月も外出しないで済む事はあり得ません。

検診に行く事もあります。
買い物に行く事もあります。

人混みを避けようにも、どうしても人混みに行かなくてはいけない事情も出てきますよね。
そんな時はマスクを必ずつけてくださいね。

スポンサードリンク

とは言え、予防接種をしないでいると前述した通り重症化する可能性があるんです。
けれど、予防接種のワクチンが胎児に影響したらどうしようと不安になりますよね。

大丈夫です!
インフルエンザのワクチンは不活化ワクチンなので毒性はないので、
妊婦さんも大丈夫なんですよ。

ただし、妊娠16週までの妊婦さんは予防接種を控えてください。

16週までは赤ちゃんの発達期間なので、安定期近くまではひたすら予防と対策のみです。
可能なら家族全員で予防接種をうけると安心ですね。

予防接種を受けたら感染しないかと言うと、感染はします。

ですが、重症化にならずに済むので復活も早くなります。
インフルエンザは長引くと相当体力を消耗してしまいますからね。

更に、季節性のインフルエンザは一度感染すると、
免疫が出来るので安心なのですが、新型インフルエンザは要注意です。

ほとんどの人が免疫をもっていない上に、
ウイルスも新化しているので予防接種を受ける方が安全と言えます。

予防接種後は副作用で風邪に似た症状が出る事がありますが、
これは身体がウイルスを追い出そうとしている証拠なので、
2日以内で治まるのでその間は安静にしていましょうね。

ただ、2日以上続くようなら病院に行くことをオススメします。

インフルエンザにかからない方法を教えて!

インフルエンザの予防は至ってシンプルです。

正しい手洗いとうがい。

爪は常に短くしておき、手洗いの際は時計や指輪を外して
爪の間もしっかりと念入りに洗います。

その後は清潔なタオルで拭きますが、
家族が多い場合はペーパータオルを使って
常に清潔な状態で手を拭くのも1つの方法ですね。

そして、全ての病気の対策にも繋がりますが・・・
普段から十分な睡眠、栄養バランスの良い食事で免疫力を上げておきます。

妊婦さんは悪阻や体調などが影響して、
十分な食事を摂る事が出来ない事もあるので、葉酸と一緒にビタミンCの
サプリメントを活用するのも良いかもしれません。

初回540円産婦人科病院出身の管理栄養士が開発した天然型葉酸サプリを見てみる

予防接種のワクチンは効果が出るのが2週間後で、2~3カ月しか効果が持続しないんです。
なので、早めに予防接種をすると肝心な時に効果がないという事になるので、10月~11月の間で予防接種を
受けておきましょう。

政府インターネットテレビより
インフルエンザ予防のために~手洗い・マスクのススメ

さいごに

インフルエンザは予防接種をしていない年に限って感染しやすいですね。

専業主婦だし、人混み行かないから安心と思っているのは間違いです!
旦那さんは明らかに人混みの中にいます。
そしてウイルスを連れて帰ってくる可能性があるのです。
もし、お子さんがいればもっとその可能性が高くなります。

旦那さんやお子さんには念入りに手洗いうがいをしてもらってくださいね。
妊娠中という大事な時期です。

不安材料は極力解消して、穏やかに出産を迎えたいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。