幼稚園の入園式の服装、母親は何を着ればいいの?、妊婦の場合は?

 


もうすぐ春ですね。
春と言ったら入園・入学式ですが親子で準備をそろそろ始めたい時期です。

以前婦人服売り場を担当していたのですが、
お店の売り場も専用のコーナーが作られるのが1月中旬ぐらいからで、
2月後半には春らしいカラーのスーツは縮小されて
卒園・卒業式用の暗めのカラーが増えてきます。

入園式で失敗すればその後のママ友との付合い方にも
影響が少なからずあるようです。
ポイントは周りから浮いてると言われないスーツ選びです。

実際に仕事で入園式でママ達のスーツをリサーチした私の経験を元にご紹介しますね!

スポンサードリンク
 

幼稚園の入園式の服装、母親は何を着る?

数年前ですが、婦人服売り場担当になった事もあり
入園式や入学式に複数の幼稚園や小学校に行き
ママ達のスーツを調べに行ったことがあります。

幼稚園の雰囲気というか幼稚園側からの要望もあるので
一概には言えませんが、全体的にはやはり派手はNG!

若くて細身のママで子供が男の子の場合パンツスーツが多かったですね。
女の子のママはワンピースにジャケットを合わせたスタイルが多いように感じました。

・20代のママ

ワンピースもスカートも若干短めの丈が好まれているようですが、
パンツスーツ率高いです!

スカート丈はミニはダメですよ!

ひざ下もしくはひざ丈が理想ですが、
膝よりほんの少し上ぐらいならギリギリセーフです。

そしてアクセサリーはネックレスと大きめのコサージュが目立ちます。
20代ならまだまだ結婚式に呼ばれる回数も多いので、
コサージュがいくつかあれば大助かりです!

中には力の入った巻き髪や夜会巻にツケマ&バッチリメイクのママが居ましたが、
すっごいオーラが出ていて子どもより目立っていましたね。

・30代のママ

ワンピースにノーカラージャケットやテーラードジャケット
と合わせるママがダントツ多いです。

恐らくは売り場で売っているセットスーツなのでしょう。

最近はワンピース、ジャケット、スカート、ブラウスと4点セットで売られているので、
組み合わせを変えれば入園式から卒園式まで
対応出来るのでお財布に優しいセットなんですよ。

例えば、入園式はワンピースとジャケットを着て
卒園式にはブラウスとスカートにジャケットを着る事が出来ます。

コサージュが付いている事が多いのですが、
お気に入りのコサージュを付けているママが多かったですよ。

そして、時々「やっちゃったなぁ」と思ってしまうママがいます。

全身真っ黒!黒いジャケットに黒いワンピース、グレー系のコサージュ、パンプスも黒。
お葬式でしょうか??といった感じで入園式会場で浮いていました・・・

スーツが黒ならコサージュは刺し色になるように華やかな色を選ぶか、
ストールやスカーフを華やかな物を選んでカラーアップしましょう。
くれぐれも喪服は着ないようにしてくださいね!!

・40代のママ

経済的余裕のあるママもチラホラ。

ブランドのスーツを着ているママもいれば、
他の年代のママと違ってツイード素材のスーツを着ているオシャレなママも居ました。

そして、それはいったい○○年前のスーツだろう?
と思うシルエットデザインのスーツを着たママも居ました。
恐らくは20代の頃に来ていたスーツなのかな??

体型が変わっていないのは羨ましいのですが、やはりスーツもそうですが
カットの仕方がかなり変わってきています。
バストやウエストラインは以前と比べて全然違います!

私も40代なのでクローゼットで眠るスーツを入園式にと思っていましたが、買い替える予定です。
着る回数がほとんどないので勿体ないので、
買うよりレンタルするという方法もありますね。

チェック
憧れのブランドを低価格でレンタルできる!DMM.comスーツケースレンタル!

スポンサードリンク

幼稚園の入園式の服装、妊婦は何を着る?

妊娠中に上の子が幼稚園に入園するママは特に着ていく服に悩んでしまいますよね。

マタニティ用のスーツを買っても、
一回だけしか着ないなら買いたくないと思うママも多いんです。

実際売り場でも妊婦さんがワンピーススーツを試着していましたが、
細身でお腹が目立たない妊婦さんはギリギリ着れますが
正直オススメしません。

何故なら、裾が斜めになってひざ丈のワンピースが
前側だけひざ上になってアンバランスになる
んです。
ゆとりもないですしね・・・

なので、そんな時は
ふんわりシルエットのワンピースとお手持ちのジャケットがおススメです。

授乳口が付いていれば、産後のお宮参りでも活躍しますよ!
そして、万が一にも産後結婚式にお呼ばれした時も着る事が出来ます。

デザインや素材によっては、お仕事復帰のスーツとしても着用する事が出来るので、
シフォン素材を避ければ長く着れます。

もう1つ気を付けるのは靴!

ぺったんこの靴を選びますが、是非とも靴の裏を見てみてくださいね。

滑りやすい靴が多いんです!

妊娠中、何足かぺったんこ靴を持っていましたが、
滑りやすい靴は直ぐ疲れてしまうように感じました。

大切な身体です、滑ってしまわないよう靴も十分に気を付けてくださいね。

幼稚園 の入園式、お父さんの服装は?

お父さんはスーツが一番!

ですが、ネクタイの色はパステルカラーをチョイスしましょう。

普段お仕事でブルー系、グレー系を付けているパパも
この時は淡いピンクや薄い紫色で華やかさを演出しましょう。

出来ればドレスシャツ(カッターシャツ)もボタンダウンや
襟が2重になっているタイプなどオシャレな物をチョイスしてみてください。

最近のドレスシャツは形状記憶タイプな上に家庭の洗濯機で洗えるので経済的ですよ!

男性のオシャレは女性と違って目立ちにくいのですが、
チラッと見える部分だけあって「この人オシャレだな」と思われやすいです。
そして、何よりも失敗し難いというメリットがあります。

ただ注意するのは、サイズです。

オシャレなドレスシャツというのは最近では細身に作られているので、
普通体型の人でも1つ大きいサイズを選ぶと良いですよ。

ドレスシャツは一度開封すると返品交換が不可能な場合が多いので、
店員さんにサイズを測ってもらってから選んでください。

くれぐれも新郎??ホスト??と思われるような
テッカテカな素材のスーツは選ばないようにしましょう。

スーツの色はブラック、ネイビー、グレー
(入園式ならライトグレー、卒園式ならダークグレー)が無難です。

無地が無難ですが、ストライプでも勿論大丈夫です。
スラックスの丈はくるぶしより少し下の長さが最近の流行りのようです。

それから、普段スーツを着ないパパは礼服でも勿論大丈夫ですが、
事前にスーツのサイズが合っているか着てみてくださいね。

サイズが合わないスーツはやはり着にくいですし、
何よりも着心地が最悪です。

見た目にも「キツそうだな」と分かります。

自分の体型(サイズ)に合ったスーツを着るのが
一番オシャレでカッコいいです!!

もし経済的にパパのスーツを新調出来そうでしたら、
良い機会なのでスーツを一着購入しておけば
この先卒園式や小学校の入学式などで充分に活躍します。

購入が難しそうであれば、白いシャツにニットのネクタイ、
チノパンにジャケットというカジュアルだけど
通勤でも着れそうなコーディネートでもOK。

パパも靴は要注意ですよ!

何でも蹴散らせるような先の尖った靴やスニーカーは避けてましょう。

出来れば、ママと洋服の雰囲気は合わせておけば
家族写真を撮る時も安心ですよね。

私が見学した入園式で蛇柄の革靴を履いたヤンチャそうなパパが居ましたが、
第一印象「怖い」「近づきたくない」
そして結果的には子どもも同じように見られがちです。

子どもの為にもパパも大人しいオシャレをしましょうね。

さいごに

裏話をすれば大型チェーン店の衣料品売り場と言うのは
支店の中でもすっごく売れているお店には良いスーツが並びますが、
余り売れていないお店には無難なスーツしか並びません。

同じお店なのに同じ商品がないのはお店の規模や年代層に合わせている為なんです。

お店の規模が大きくても、婦人服を買いに来る人が少なければ
売り場は縮小され販売員も少ない状況で
満足な接客を受けられない事もしばしば。

売れない売り場には人件費も商品も削減されるという訳ですね(涙)

勿論少数精鋭で頑張っている優秀なお店は沢山あるので
全てがそうだとは言えませんけどね。

色んなお店を見て回る事を考えても、
余裕を持って早めにスーツの準備をしておくに越したことはありません。

スーツを10種類から選ぶのか、5種類から選ぶのか、
はたまた選べない状況になるのか時期を間違えないように注意しましょうね。

子どものフォーマルは特に頻繁に着る物ではないので、
それこそ期間限定でしか入荷しないお店が多いです。
早めに買うかネット通販を利用して親子で準備万端で入園式に臨みましょう!!

我が家が子供のフォーマルを安く買った方法こちらです。

2回使用で格安なんてものもありますよ!
女性なら知っている無料フリマアプリです。

チェックしてみてくださいね!

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。