新入社員、花見での挨拶のスピーチは何を言えばいいの?

 

入社式が終わり無事に研修が終わった頃、
会社によっては交流を兼ねた「花見」が予定されていますよね。

最近は、参加したくないと断る新入社員も増えてきているそうですが、
ここは是非断らずに他の社員さんとの交流を広げる為にも参加してみましょう!

こうした宴会は自分を周りに知ってもらう為のとっても貴重な場でもあります。

もしかしたら新入社員は全員自己紹介スピーチをするよう
言われるかもしれませんが、恐れる事はありません!

長くても2分ぐらいの時間ですので、事前に何を言うかを決めておけば
心に余裕を持ってスピーチする事が出来ますよね。

スピーチの内容に困っているんだ!という人も多いでしょうから、
私の経験と合わせてお話ししますね。

スポンサードリンク
 

新入社員の花見の挨拶って何を言えばいいの?

花見といえばお酒がつきものですが、
ただの飲み会と侮ってはいけません!

入社してすぐにあるイベント「花見」はハッキリ言えば
新入社員であるあなたがどれ程使えるのか知らない内にチェックされていたり、
自分がどういった性格なのかを普段交流の無い人にも伝えられる場でもあります。

まずは笑顔と大きな声で自分の所属と名前、
そして性格を簡単に話し得意な事や夢中になってしまう事、
最後に上司や先輩社員に指導のお願いをして謙虚な姿勢をみせる事が大切です。

ここで私が新入社員だと仮定します。

営業課配属の○○です。

4人家族の末っ子のせいか?のんびり屋で
人とペースが合わない事もありますが打たれ強さには自信があります。

好き嫌いが激しいので、自分の好みの食事にありつく為に
料理をするようになり今では創作料理が趣味です!

色々ご迷惑をおかけしますが
一日も早くお役に立てるよう頑張りますので、
ご指導よろしくお願いします!

これだけでOK!

スピーチが長いと場がしらけてしまったり、
飽きられてしまい隣同士で雑談が始まってしまうので
皆に聞いてもらえるぐらいの大きさの声で笑顔で言ったもん勝ちです。

恥ずかしくってもごもご口の中で喋っていると、
上司や先輩は「初々しい」とは思わず「なんだコイツ?!」と
嫌な印象を持ってしまいます。

例えば自分の名前が珍しいとか、
両親の出身地が変わっているならそれもスピーチで話せば雰囲気が和みます。

私の父親は鹿児島県出身ですと伝えるより、
鹿児島県の種子島出身です!と話す方が話題が広がりますよね。(実話です)

ビジネス専門学校では一分間スピーチの授業があり、
ビデオでスピーチを撮りクラス全員で撮ったスピーチを見直して
意見を言い合うという経験をしていたので、
新人研修の頃は同期でスピーチの練習をしたものです。

何度も練習した甲斐があり、
歓迎会やお花見では同期全員が余裕でスピーチ出来ました。

苦手だと思っている事は練習するに限りますよね。

スポンサードリンク

新入社員花見の時の服装は何を着ればいいの?

勤務時間外と言えども会うのは会社の人ですので、
服装はカジュアルではなく「オフィスカジュアル」がオススメです。

オフィスカジュアルとは、ジャケット、パンツ、シャツもしくはカーディガンです。

もし服装がスーツ指定とあればスーツを着用しましょう。

そうでない時に、友達と会う時みたいな思いっきりカジュアルな服装では、
そういった場に来る服装が分かっていない
「社会人の自覚がない」と思われる事もあり得ます。

そこで、カジュアルだけど清潔感のある
ジャケット、チノパン、綿のシャツでまとめると良いでしょう。

そしてジャケット、パンツ、シャツは
クリーニングに出しておくともっと良いですね。

ただ、お花見をする時期の夜は日中と違って結構寒いので
女性はひざ掛けやストール、使い捨てカイロは必ず持っておきましょう。

男性は薄手のダウンジャケットなど防寒着を忘れないようにしましょうね。

お花見に持って行った方が良い物をご紹介しますね。

・紙コップに名前を書いて誰のコップか分かるようにも出来る「マジック」
・お弁当などで手が汚れた時などに対処できる「ウェットティッシュ」
・花粉症対策にもなる「ボックスティッシュ」(コンパクトタイプでもOK)
・夕方からのお花見の時は「懐中電灯」

ちょっと荷物になるかもしれませんが、
用意周到に越したことはありませんよ。

会社の花見で新入社員が気を付けるべきことは

花見の席でも宴会の席でも同じですが
「気が利く」かどうかがとっても重要ですよね。
そして、羽目を外し過ぎない事も重要です。

例えば、場所取りの関係でゴミ箱が遠かった場合は
飲み物を入れてきた段ボールを直にゴミ箱にして、
自分の後ろに置いてゴミを率先して回収。

上司のコップに入ったお酒が半分ぐらい減ったら、
進んでお酌をしたり、食べ物を取り分けるなどしましょう。

そんなことしたくない!と思う人もいるでしょう。

ですが、これが取引先だったらどうしますか?
「私、やりたくないんで!」なんてドラマみたいに許されたりしません。

率先して行動するには、相手がどうして欲しいと思っているのかを推し量る訓練にもなりますよ。

そして、一番気を付けるべきはアルコールです。

上司や先輩に薦められるがままお酒を飲んで、
救急車で運ばれる何てことがないようにお酒が苦手な人は断る勇気を持ちましょう。
お酒に飲まれた姿というのは、花見の翌日以降「醜態」として
色んな人の耳に入り汚名返上に時間がかかるでしょう。

一滴もアルコールが飲めない場合は、
先に先輩や上司などに相談しておくと当日配慮してもらえますよ。

また、すぐアルコールを水の様に飲んでしまうので止めてください!
ってスピーチで話すのも楽しいかもしれませんね。

さいごに

私が新入社員の頃は場所取りが当たり前でしたが、
田舎でしたので徹夜してまでというのはありませんでした。
むしろ、仕事終わりの買い出しの方が大変でしたね。

花見中は普段話す事がない上司や他部署の先輩との会話が新鮮で、
あっという間に時間が過ぎたのを覚えています。

会社の付き合いを面倒だと嫌がる人が最近多いですが、
人と人の付き合いは1日や2日では深くはなりませんよね。

更に異動が起こる会社なら、花見などの場で色んな人と話しておけば
社内のあちこちに知り合いが増え心強くなります。

是非、自分の内面を鍛える為にも花見は楽しんでみてはいかがでしょう?

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。