ゴキブリの駆除安全に行う方法は?赤ちゃんがいる部屋の対策は?

 

神出鬼没の黒いアイツは1匹見たら30匹は確実にいると思え!
と言われている黒いアイツ。

そう、ゴキブリ

梅雨前になるとちらほらと気配を感じ、
夏になるとばったり遭遇してしまうゴキブリは
生命力と繁殖力が高いので、隙を見ては卵を産み仲間を増やしてしまいます。

殺虫剤をかけてもやられた振りをして家具の奥に逃げ、生きながらえているぐらい強い!

放置しておく訳にも行きませんが、
赤ちゃんがいるとどう対策をとれば良いのか分かりませんよね。
ということで、赤ちゃんが居ても安心な駆除方法をご紹介します。

スポンサードリンク
 

ゴキブリの駆除安全に行う方法は?

そもそもゴキブリってどこから来ると思いますか?
私が実家で暮らしていた時は、普通に玄関から一緒に入ってきました(涙)

他にも排水溝やエアコンのホース、窓、扉、段ボールや
植木鉢にくっついてしれーっと家の中に入ってきます。

そして、湿度と温度が快適な環境で卵を産み大量に発生します。

ゴキブリの卵や糞を見た事がありますか?

ゴキブリの卵は小豆ぐらいの大きさで
1個の卵の中に30匹の赤ちゃんが詰まっているんだそうですよ!
だから1匹見たら30匹はいると思えだったんですね(涙)

これは人から聞いた話ですが、
長年使っていなかったラジカセを仕事で使おうと
電池入れの蓋を開けたらゴキブリの卵がいくつもあり、
孵化した卵もあったそうです!!

糞は2ミリ程度の胡麻みたいな大きさで、糞がある近くには巣があると言われています。
つまり、糞があるという事は確実に同居している証拠となります。

こうなると確実に駆除しておきたい所ですが
ゴキブリ駆除で簡単なのは「燻煙式」ですよね。

外出前にセットしておけば、買い物中に家中に殺虫成分が行き渡りゴキブリに逃げ場を与えない!

部屋の隅に罠を仕掛ける「ゴキブリホイホイ」
手を汚さず罠をセットできるけれど、罠にかかったゴキブリとの対面は避けては通れません。

見つけたらすかさず噴射!「殺虫剤」
ゴキブリを見つけても殺虫剤を取りに行っている間に既に逃げているので手遅れな事が多い。

力いっぱいすると後が大変「丸めた新聞紙」
昔はほとんどが新聞紙やスリッパでゴキブリの息の根を止めていましたが、
あまりに力を入れると中身が出るので
かなりグロテスクでオススメしません。

卵を抱えている場合、卵まで飛び散る為念入りにお掃除しましょう。

スポンサードリンク

赤ちゃんがいる部屋のゴキブリ対策

一番安心なのは、ホウ酸団子なんですよね。

特に私がオススメしたいのは「タニサケ ゴキブリキャップ」で
クリームイエローの箱で文字しか書かれていないパッケージなんです。

何が良いって、ホウ酸団子がキャップの中に入っているので、
誤飲の可能性が低いのと素手でホウ酸団子を触らない
のが良いんですよね。

万が一にも口に入れたとしても毒性が低いのですが、
だからと言ってどこでもほいほいと置いていいわけではありません。

赤ちゃんの手が届かない所に置く事が大事です。

よく台所のゴミ箱の奥にホウ酸団子を置けば大丈夫と聞きますが、
赤ちゃんはハイハイが始まると物を動かせるようになるんです。

なので、ホウ酸団子はゴミ箱の背面や底面に貼り付ける方が安心です。

そして効果的なのがゴキブリが好む場所に置く事。

高温多湿の場所はゴキブリにとって楽園ですので、
シンクや冷蔵庫の下にホウ酸団子を忍ばせておけば簡単だし赤ちゃんの手も届きません。

ただ、ホウ酸団子を置く前に掃除をしてホウ酸団子以外のエサをなくしておきましょう。

燻煙式の場合、床や家具など薬剤の付いた部分を
赤ちゃんが触りその手を舐めたりすると危険なので
駆除後はしっかりと念入りに水拭き掃除を
行う必要があるので効率的とは言えませんよね。

ここで、一番安心ではないかと個人的に思っているのが専門業者への依頼です。

ハウスクリーニングなどの専門業者に
赤ちゃんがいる事を伝えた上で駆除をしてもらう
んです。

専門業者だとまずゴキブリが家に棲みついているかどうかを調べてくれて、
更に効率的な場所にトラップを仕掛けてくれます。

更に定期的にメンテナンスに来てくれるので
何年もゴキブリを見なくなったと口コミに書かれています。

費用がかかりますが、噴煙式で駆除して拭き掃除をしたり、
ホウ酸団子をここかな?あそこかな?とあちこちに置いて半年経ったら入れ換えて
という手間を考えると年間数千円から数万円程で快適生活を送れるので選択肢の1つに入れても良いかと思います。

専門業者はちゃんとそこら辺も対策されていますね。
業者のホームページのQ&Aです。


引用 ゴキブリ駆除の専門【ムシプロテック】

さいごに

我が家は山が近いので野生のゴキブリが道路を往来している姿をたまに見かけます。

自宅が新築だったという事もありお金をかけずに自分達の力でどうにか駆除をしようと、色んなメーカーのホウ酸団子を購入していました。

現在では子どもに手がかかる為、家の中のあちこちにあるホウ酸団子の取り替えも大変です。
その苦労もあってか、未だゴキブリは見ていません(笑)

特に今年の夏は猛暑の予測が出ているのでゴキブリには快適な夏になりそうです。
素人が駆除するより専門業者に依頼する方が確実で楽かも(財布は痛いけれど)と考えています。

神出鬼没のゴキブリが棲みつく隙を与えない為にも、
そして子どもがゴキブリの触れた物を口にしない為にも、
今年も張り切って駆除しましょう!!

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。