顔のかゆみの原因は更年期?肌の変化で湿疹に困ったときの対策は?

 

40代に入ると「更年期」という言葉が何となく気になってきますよね。

自分の母親が「更年期障害」で苦労している姿を見ていると、
次第に自分もその年齢に近づいてきていると実感します。

最近、肌の乾燥やかゆみを感じる回数が増えてはいませんか?
もしかしたらその肌の乾燥やかゆみは更年期障害の症状の一つかもしれませんよ。

スポンサードリンク
 

顔のかゆみの原因は更年期?

よく言われる更年期って何歳からだと思いますか?

個人差はありますが、平均閉経年齢が50歳前後なので
45~55歳が更年期と定められているんです。

なので42歳の私はそろそろ更年期に向けて体の変化が現れる頃ですね。

私達女性の体には女性ホルモンの分泌が欠かせません。

女性ホルモンのエストロゲンは肌の角質の水分を保持し、
真皮層のコラーゲンを合成する働きがあります。

プロゲステロンは妊娠ホルモンとも言われていますが、
妊娠以外にもちゃんと肌に重要な働きをしていて、
適度に皮脂分泌を促して健康的は肌を作ってくれています。

卵巣の機能が低下してくると、視床下部から
エストロゲンをもっと分泌するようにと卵巣に指令が送られます。

ですが、卵巣がどれほど頑張ってもエストロゲンを分泌する事ができません。
すると、視床下部が指令を聞いてくれない事にパニックを起こしてしまい
体のあちこちに不調が現れてしまいます。

体がエストロゲンが足りていない事に慣れてくると
次第に更年期症状は落ち着いてきます。

私達自身もそうですが、環境の変化に慣れるのに時間がかかりますよね?

40歳前後で最近顔がかゆく感じる場合は更年期症状の可能性があるので、
婦人科でホルモン値を調べてみませんか?

もし、痒みが更年期障害の症状だとしたら
対症療法でゆっくり気になる症状から改善していきましょう。

スポンサードリンク

更年期は肌の変化に注意!?

女性ホルモン以外にも年齢と共に肌細胞の働きが低下し
ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンなどを十分に作れなくなってきます。

特に更年期のお肌は繊細ですので、紫外線対策も十分に行わなくてはいけません。

赤ちゃんには肌に優しい天然素材の衣類を着せるようにしたり、
天然由来で無添加の石鹸を使うなどしてきましたよね。
これと同じ事を自分の体にもして、肌を守ってあげましょう。

更年期だから仕方がないと肌の痒みを我慢するのはストレスになり、
余計に更年期の症状が悪化してしまうので
肌の痒みが強い時は我慢せずに皮膚科や婦人科を受診してくださいね。

また、何だかいつもと肌の調子が違うかも・・・と感じてきたら、
是非生活習慣を見直してみてください。

睡眠不足はストレスにも繋がり、結果的には
更年期の症状の悪化にもなりますので、
規則正しい生活リズムに戻したり、食生活の見直しをしてみてくださいね。

更年期の湿疹対策は?

肌を刺激から守るには衣類以外ではやはり「保湿」ですね。

とにかく全身をしっかり化粧水やボディクリームを使って保湿しましょう。
あと、湿度も大事ですよ!

セラミド配合や保湿効果の高い化粧水は外せませんね!

ボディクリームはリラックスできる香りを選ぶと、
気持ちが穏やかになるので成分と一緒に香りも選んでみてくださいね。




ぼちぼち更年期(もしかしたら突入しているかも)の私は
更年期について現在色々勉強中ですが、最近まではハンドクリームを
ワセリンやシアバター配合に変えて一生懸命ぬりぬりしていたんですが、
それでは不十分なんだそうです!

とうぜんですが、食事の見直しも重要になるので
ビタミンEとCが摂れるようにしながらも、栄養バランスを考えた献立と
サプリメントで大豆イソフラボン、亜鉛も積極的に摂る事で
体の内側と外側から肌を守りバリア機能を維持させてあげる事が重要とのこと。

元々主婦湿疹対策をしているので、現在進行形に大豆イソフラボンを追加して
更年期の湿疹と長くなるのか?短くなるのか分かりませんが、
付き合いを楽しんでみようと思います。



さいごに

残念なことに不妊治療経験のある女性は閉経が早まる可能性が高いそうです。

私は体外受精の治療中に、排卵誘発剤を使って
卵子を強制的に排卵させてきているので卵巣内には
卵子はほとんど残っていないかもしれません。

卵子がなくなれば当然閉経を迎えるので、
閉経に向けての更年期も早めに訪れます。

私はもともとが卵子の数が少ないので、
恐らくは私が思っているよりも早めに更年期に入り閉経するだろうと思っています。

季節のせいか分かりませんが、最近肌が乾燥しやすくなってきているので
もしかしたら体からのサインかもしれませんね。

子育てしながら更年期障害とうまく付き合っていける為にも、
今からでもやれることはしっかりしておきたいと感じました。

更年期独特の症状は妊娠中とよく似ているように感じます。

やっぱりホルモンのバランスの影響ってすごいんだと実感するのと、
まったく同じ症状の人って居ないんだなと感じました。

なら、自分がつらいと思えば家族に分かってもらえなくて耐える必要なんかないんですよね!
病院で自分が楽になれる薬を処方してもらった方が、自分の為ですよね!

後は、しっかり眠ってしっかり食べて、穏やかに過ごしましょう!!

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。