40代山陰旅行のおすすめコースを紹介!パックと個人のどっちがいいの?

 

40代となると、遊園地や人混みが少々苦手になり
ゆったりと旅行を楽しみたくなってきた人も多いのではないでしょうか?

山陰地方は特に大人向け旅行にピッタリ!
(と個人的には感じています)

旅行に行きたいなぁと思った時、
行ってみたいスポットに合わせて旅行の計画を立てますか?
それとも、ざっくりと○○地方もしくは○○県を観光してみたいと計画を立てますか?

どんな方法でも待ち構えているのが、交通手段や宿泊施設への予約ですよね。
海外旅行なら迷わずパックツアーを利用する人も多いでしょうが、
国内となるとどうでしょう?

子育てがひと段落した人や独身を謳歌している人も多い40代、
旅行に行くなら気楽に自分のペースで楽しめる個人?
それとも面倒な事は全てお任せでお土産や特典付きのパックツアー?

私独自の楽しみ方をお話しします!

スポンサードリンク
 

40代山陰旅行のおすすめコースを紹介

・鳥取編(西部)

「とっとり花回廊」(米子自動車道 溝口IC下車後10分ぐらいで到着)→
「皆生温泉」(出雲街道を米子方面に行き美保湾を目指す)で立ち寄り湯で疲れを癒す→
「境港」で海鮮料理を楽しむ→「水木しげるロード」で観光→「皆生温泉」で宿泊

・鳥取編(東部)

「鳥取駅」→「仁風閣」(鳥取県の歴史に触れる)→
「因幡万葉博物館」(万葉集の世界観に浸ったついでに昔の衣装も体験!)→
「宇部神社」(長寿とお金の神様に老後の安泰をお祈り)

・島根編(松江城下町)

「小泉八雲旧居」や「松江城」を観光→
「からころ工房」で世界に一つだけの和菓子手作り体験やトンボ玉手作り体験→
「玉造温泉」で疲れを癒す(宍道湖南側にあり、看板があちこちにあります)

また、小泉八雲の怪談が好きな人は日没頃に出発する「松江ゴーストツアー」というのがあり、
タクシーや徒歩で怪談ゆかりの地を周り、語り部さんが物語の世界へ案内してくれますよ・・・
(私は怖いので明るい時に旧居と記念館を周りました)

・山口編(萩市)

「萩往還」を通り「道の駅萩往還」(買い物と昼食と吉田松陰の記念館を見学)→
「萩城」→「城下町」(教科書で習った歴史上の人物の旧家など色々見れます!)→
「萩焼体験」

スポンサードリンク

山陰旅行はパックツアーそれとも個人がいいの?

20代や30代の頃と違って長時間の運転が辛くなってきた今日この頃・・・

不慣れな土地での運転は非常に緊張し、
カーナビがあっても右左折は不安やら緊張やらで
目的地に付いた時には大きなため息が出てしまいますよね。

そんな時は、旅行会社のパックツアーだと面倒な宿泊施設への予約もないし、
目的地までの新幹線や飛行機のチケットも自分で予約しなくて済みます。

また朝は早い出発になりがちですが、気兼ねなく車内で仮眠を取る事も出来るし、
時に嬉しいお土産が付いていたり!観光地では嬉しい特権が得られたりします。

ただ、パックツアーの不便なところは全て時間が細かく決められていて、
自由に時間調節が出来ない所です。

また食事も決まった団体料理が出る事が多く、
気になるメニューがあっても食べられないんですよね。
ツアーに申し込んでも、定員に満たず旅行に行けなくなるなんて事も!!

そんな時にオススメなパックツアーがあります!
新幹線とホテルと希望者はレンタカーをプラスしたパックツアーです!

駅に降りたら後は全て自由行動OK!

レンタカーに乗って、行きたい所に自由に行く事が出来るので、
個人でも友達同士でも楽しくおしゃべりしながら旅行が出来ますね。

山陰地方はどちらかと言えば車で回る方が便利なので、
私はレンタカー付をオススメしますよ。

個人旅行の場合、ホテルや移動手段の費用を抑えて
旅行先での飲食やお土産にお金を使うなど色々自由に出来ますよね。

またツアーでは行きたい所が含まれていない事もあるので、
個人だと行きたい所を制覇する事も可能です!

日没までに行きたい所を全て回るには、どういったルートで行けば良いのか?
考えるのもまた楽しいですよね。

初めて行く所なら、パックツアーで色んな所に連れて行ってくれるのもありですよね。
行きたいスポットが沢山あって運転を長時間するのが苦手な場合は、
新幹線と宿泊、レンタカーのみのパックツアーがオススメ。

運転が好きで、行きたい所が沢山あったり、
行き当たりばったりの旅行が好きという人は完全に個人で楽しむのもオススメです。

さいごに

旅行先でその地の美味しい食べ物も楽しみの一つですが、
やはり伝統工芸品などを手作り体験できるのも楽しいですよね。

世界で一つだけのグラスや器、
またはきっと二度と同じものは作れない和菓子は貴重な体験です!

旅行会社のパックツアーではなかなか体験イベントには
時間の都合上参加できなかったりしますので、
ここは個人で楽しむ旅行ならではですよね。

個人でもツアーでもそれぞれに良い思い出が作れるので
目的と時間に合った山陰旅行プランでお楽しみくださいね!

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。