夏バテでお腹痛い、食欲がないとき内臓温度を上げるおすすめの食べ物

 

夏バテをした時、下痢になったりお腹が痛くなりやすくなったりしていませんか?
夏は冷たい食べ物や飲み物が欲しくなったり、かき氷やお風呂上がりのアイスなど一日中冷たい物を口にしている事も少なくありません。

夏バテだからとこうした食生活をしていると、どんどん病気になりやすい身体になってしまいますよ!

スポンサードリンク
 

夏バテでお腹痛いときにおすすめの食べ物

冷たい物ばかり食べるのは良くないと分かってはいても、暑い時は誰だって欲しくなりますよね。
ですが、冷たい物ばかり食べていると身体の内側から冷えてしまい、内臓に十分な血液が届かなくなってしまいます。

「内臓型冷え性」は手足は温かいので身体が冷えていると感じにくいので、夏バテ特有の食欲不振と下痢の症状だと思いこみやすくなります。
なので、下痢の症状が出たりお腹が痛くなる回数が増えた時はお腹に手を当ててみてくださいね。
お腹が冷たいと感じたら、身体の内側から冷えている証拠です!
そんな時は、身体を温める食べ物を意識して摂るようにしましょう。

簡単なのは、「白湯」です。
ちゃんとお鍋でお湯を沸かして適温まで冷ました白湯が一番効果的ですが、時間に追われる現代社会ではゆっくり鍋でお湯を
沸かす時間がもったいないですよね。
なので、レンジでチンでもOK!ケトルのお湯でもOK!とにかく、お湯をゆっくり飲んで身体の内側から温めてあげましょう。

そして消化の良い食べ物で弱っている胃腸に負担をかけない事が大事です。
個人的にオススメなのが、「お粥」です。
白がゆでも良いんですが、ショウガや梅干しを入れたり、あればザーサイの細切り(みじん切りでもOK)を入れても美味しいですよ。
一口食べると、お粥の温かさで身体の内側から温まっていく感じが分かると思います!

次におすすめなのが「スープ」です。
野菜をたくさん入れてコトコト煮込んだ野菜スープ!
味付けは超簡単に、コンソメスープの素と塩コショウだけ。後は野菜の旨みが隠し味♪
我が家では、ここにワンタンの皮を4等分にしたものとウインナーを入れて夏場は頻繁に食べています。

個人差はありますが、お腹が痛い時はしっかり温めてあげると比較的直ぐに楽になりますよ。

夏バテで食欲がないときにおすすめの食べ物

食欲がないという事は、消化する力が落ちている証拠です。
そんな時に食べなきゃ!と頑張って食事をしても、身体は悲鳴をあげるばかりで恐らくは状態は良くならないでしょう。

20~50代の女性のおよそ20%の人が食欲が減退するという夏バテ。
季節関係なくよく噛んで食べる事が大事ですが、夏バテしている時こそしっかり30回は噛むようにしましょう!

身体を作るのに必要な栄養素のタンパク質は、肉類、魚、卵、乳製品や大豆に多く含まれ、抵抗力をあげて身体の土台を強化してくれるビタミンB1、A、Cは、豚肉、ゴマ、ウナギ、大豆、カツオ、玄米、レバー、人参、カボチャ、ニラ、キウイ、ジャガイモ、赤や黄ピーマンなどに含まれています。

眩暈などの原因にもなるミネラルは、海藻、キノコ、牡蠣に。
ビタミンB1を効率よく摂る為に必要なアリシンは、ニンニク、玉ねぎ、ニラ、ネギ、ラッキョウ。
そして疲労を回復させる為の乳酸をエネルギーに変えてくれるクエン酸はレモン、梅干し、酢。

こうしてみると、普段の食事で簡単に摂る事が出来る食べ物ばかりです。
そうはいっても食欲がない時は簡単で喉越しの良い物が欲しくなりますよね。
そこで、オススメなのが「酸辣湯(サンラータン)」です。

ちょっと辛くて酸っぱいので、食欲を刺激されます。
麺を入れて「酸辣湯麺」にすれば食べごたえがありますし、麺の替わりに豆腐を入れればつるんと喉越しの良い食事になります。

これからシーズンを迎えるウナギも良いですが、豆腐と海苔を使った「ウナギもどき」も食べやすくて美味しいですよ。

私のオススメは玉ねぎと大葉、ミョウガのみじん切りに醤油を大さじ3とみりん大さじ1を混ぜて20分程置いておくだけで出来る「薬味ダレ」です。
この薬味ダレは焼き魚にかけても、唐揚げにかけても、総菜の揚げ物にだって、豆腐、野菜炒めにかけても美味しいんです。
勿論、素麺のつゆに入れても美味しいんですよ!
我が家では夏が近づくと「薬味ダレ」を大量に作って冷蔵庫に常備しています。

気を付けていてもうっかり夏バテになって、総菜に頼る日もあってもこの薬味ダレをかければバランスよく栄養を摂る事が出来るんです。

スポンサードリンク

内臓温度上げるのにおすすめの食べ物

身体を温めるといったら一番に思い浮かぶのが「ショウガ」だという人も多いでしょう。
その他にも人参、ニンニク、玉ねぎ、山芋、ゴボウ、ニラ、しそも体を温める効果があるんです。
勿論、青魚やチーズだって体を温めてくれるので、組み合わせを変えれば毎日内臓温度を上げる食事をとる事が出来るんです。

先ほど紹介した薬味ダレを焼きサバにかけても良いでしょう。
またお酒を楽しむ人はチーズとトマトのスライスのカプレーゼに薬味ダレをかければ、「和風カプレーゼ」の出来上がり!

またきんぴらごぼうはゴボウと人参で作りますよね。
きんぴらごぼうは内臓温度を上げる最高の組み合わせなんですよ!

他にも、ニラがたっぷり入った「ワンタンスープ」は温かい食事なので身体の芯から温めてくれます。
ワンタンを包むのが面倒だという人は、ワンタンの具材を鍋に入れて「なんちゃってワンタン」にしちゃえばラクチン!
しかも何だか見栄えが良いんですよー!

唐辛子が入った料理も体を温めてくれますが、刺激が強すぎると弱った胃腸にダメージを与えてしまうので体調と相談しながら量を
調整してみましょう。

「かつおのたたき」美味しいですよね!カツオは血液の循環をよくしてくれるので自然と身体の内側から温めてくれますが、
たたきで使う薬味に玉ねぎや大葉、ニンニクが更に効果をアップしてくれます。
「かつおのたたき」って理にかなった料理なんですね!

食事で内臓温度を上げていても、食事中にキンキンに冷えた麦茶やお水を飲んだら意味がありません!
食事中はせめて常温もしくは温かいお茶にする事をオススメします。

暑い日でも温かいお茶を飲むと、なんだか気持ちがほーっと安らいでくるので我が家では「玄米茶」と「ほうじ茶」は年中欠かせません!

さいごに

夏バテの症状で胃腸の不調を訴える人は約40%にも及びます。
食事で対策をするのと同時に、水分補給時には常温のお茶やお水を摂るようにしたり、朝と寝る前にコップ1杯の白湯を飲むだけでも
全然身体の調子は変わってくるんです。

そして、しっかり湯船に浸かる事!
熱いからとシャワーで済ませてしまうと、疲れは取れないし内臓だって冷えたままです。
お風呂上がりのアイスも週3回以上食べると内臓温度はどんどん下がっちゃいますよ!

身体が喜ぶ生活習慣と食事を心がけて、夏バテとさよならしましょう!

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。