40代で体重が減らない原因は更年期かも!?対策は食事から!

 

20代の頃はちょっとダイエットすれば簡単に体重が減っていたし、お肌も多少の事ではビクとも
しないで潤ってハリがあったハズ・・・
30代に入るとちょっと効果は落ちるものの、どうにかできていました。

それが40代に入るとどうしたことか、食事や運動に気を付けていても痩せない!
肌の老化が止まらない!そしてイライラばかり!!

身体のリズムを知る事でもっと笑顔になれますよ。

スポンサードリンク
 

40代体重が減らないときにやってはいけないこと

以前テレビで衝撃的で心に刺さる言葉を聞きました。
北斗晶さんが「いいか40超えるとな生きてるだけで太るんだよ!」(間違ってたらごめんなさい)
もう、分かるー!!!と泣きそうでした(笑)

とはいえ、太るままでいるわけにはいきません(汗)
まず、何故太るのか?
それは、年齢と共に基礎代謝が低下してくるので、
20代の頃と同じ食事をしていても身体は燃焼消化しきれなくなってくるのです。

食事量よりは食事の質の見直しが重要になります。

また、筋肉量が減っているため血行不良により冷えや老廃物がきちんと体外へ排出されにくくなり、セルライトが溜まりやすく
脂肪細胞も分解が行われにくくなる
という恐ろしい事が体内で起こっています。

排卵に関わるホルモン「エストロゲン」と生理に関わるホルモン「プロゲステロン」の分泌バランスが崩れてくる事で痩せにくくなります。
そして、経験した事ある女性も多いと思いますが、生理前~排卵日前は気分が良く体調が良い日が多くなります。
逆に排卵日前後~生理までの期間は生理前症候群「PMS」に悩む女性も多いぐらい、イライラしやすくなったり浮腫みやすくなる、ダイエットしても全然効果が出ない!といういわゆる負の期間があります。

つまり、排卵日前後~生理中は焦っちゃダメなんです。
ダイエットを中止するのではなく、効果は停滞してしまう期間なんだという事を理解しましょう。
ここで、自棄になってダイエットを中断したり暴飲暴食などをすれば、それこそこれまでの努力が無駄に終わっちゃうんです。
この時期は自律神経の働きも低下してくるので、ダイエットを続けつつ身体をゆっくりと労わったり、温めてあげましょう。

40代のむくみや体重増加は更年期障害?

マイナスなイメージしかない「更年期障害」は誰もが通る道で、女性だけではなく男性も経験する人生の壁です!
私達女性は40代から女性ホルモンが減少して閉経に向かって身体が準備を始めます。
この準備中は身体が環境の変化に慣れるまで、様々な症状が現れます。
「ほてり」「汗をかきやすい」「眠い」「イライラ」そして水分を溜めやすくなるため浮腫みやすくもなってきます。

特に悩まされるのが「浮腫み」いわゆる浮腫(ふしゅ)ですね。
更年期に入ると、ホルモンバランスが崩れる事に影響されて自律神経のバランスも乱れてきます。
すると先述したように筋肉量が減ってきている事との相乗効果により、血流が悪くなり浮腫みやすくなってきてしまいます。

頑張っているのに体重が増えるのも同じ事が言えます。
脂肪を燃焼するのは筋肉ですよね。
ですが、その大事な筋肉が減ってくれば脂肪の相手をしてくれる人がどんどん減ってきてしまいます。
(まるで筋肉が保育士で脂肪が待機児童のよう・・・)

こんな時は、まずは血流を良くしてあげましょう。
温めのお風呂にゆっくり浸かって身体の芯から温めてあげたり、食事内容に気を付ける、身体を締め付ける肌着や洋服を避ける、無理をしない程度のストレッチ、睡眠時間の見直し(生活習慣の改善)、そして一番大切なのが”今のありのままの自分を受け止める”事です。

開き直るのとは違いますよ!
人生最後のステージ「円熟期」を迎える為のそういう時期なんだと思う事で、更年期障害も軽減されてくるそうですよ。

スポンサードリンク

40代更年期対策におすすめの食事は?

まずは、欧米化の食事を日本食に変更してみましょう。
日本人が昔から食べていた和食で消化時に身体に負担をかけにくい食事がオススメです。
特におすすめなのが日本生まれの食事療法「マクロビオティック」つまり「玄米菜食」です。

肉、魚、卵などの動物性食品よりは野菜や大豆などを多く摂る。
出来れば砂糖もキビ糖や甜菜糖など未精白の物を選ぶなど、質の良い食材を摂るようにします。

カロリーだけを重視して、ファストフードなどの外食や総菜を多用するのではなく栄養バランスや素材を重視してみましょう。
最近ではマクロビオティックを重視した飲食店も増えてきましたし、地方のカフェでも「玄米」を使ったランチを頂く事が出来ます。

ついつい安い食材を買ってしまいますが、週末だけは質の良い食材で料理を楽しんで時間をかけて食事をするのもオススメですよ。

さいごに

私の母は更年期障害が酷く、最初は病院に行かず日々汗をかきながらイライラして毎日怒っていました。
当時はそれが更年期障害だとは知らず、母との関係も悪化していました。
足もパンパンに浮腫んで、太りやすくなりスリムだった母の面影が日増しになくなってきていました。

病院で診察を受けるようになり、女性ホルモンの薬を処方されるようになって症状が落ち着いてきました。
現在では更年期も終わり体型も少々名残がありますが、比較的スリム体型に戻ってきています。
(たるみはありますけどね)

私も更年期に突入しようとしています(もう片足しっかり突っ込んでいます)が、産後太りも完全に解消できていないのに更に
筋肉量が減ったら、どんな状態になるのか想像したくもありません。
が、子供の為にも身体のリズムを理解し、笑顔で過ごしたいと思っています。

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。