iphoneのカメラの画面が真っ暗になってしまったときの解決策

 

ビックリしました!!!

iphone(アイフォン)で写真を撮ろうとしたのですが、画面が真っ暗です…
「ついに壊れたか!?」

アウトカメラ、インカメラに切り替えても真っ暗です。
写真が撮れない!と思いシャッターを切ってみると写真は撮れてます。

こんな時の解決方法はめちゃめちゃ簡単だったので、その方法をご紹介します。
※使用モデルipone6の場合(少なくともiphone7も同じかと思います)

スポンサードリンク

iphoneのカメラのを起動したら画面が真っ暗で焦ったときの対処方法

カメラを起動して真っ暗だった画面のスクリーンショットがこちらです
↓ ↓ ↓

色々なボタンを押してみました。
そしてインカメラ⇔アウトカメラの切り替えボタンを押してみても直りません。
一度アプリを閉じてからまたカメラアプリを起動しても、何をしても戻りません。

なので試しに写真を撮ってみました。

撮れました…

でも、これじゃ画面で被写体の確認のしようがないので構図もピンとも合わせられません。
事実真ん中かなと思って撮ったこの写真もズレまくっています。

もし、同じようにアイフォンのカメラの撮影画面が真っ暗になってしまったら…
焦らずにこの対処法をしてみてください。
解決することが多いかと思います。

アイフォンのカメラのを起動したら画面が真っ暗で焦ったときの対処方法
1、ホームボタンを連続2回押す
 (真ん中下の丸いボタンです)

2、このような画面になったら、後ろにある重なっている画面をすべて上にフリックする

3、再度ホーム画面よりカメラアプリを立ち上げる

これだけで画面はいつも通りに直りました。

スポンサードリンク

何をしていたかと言うと同時に立ち上がっていた複数のアプリを強制的に終了させたことになります。
おそらく同時に立ち上がっていたアプリによって、本体に負荷がかかり機能がスムーズに動かなかったのではないでしょうか?

手順2の作業をAPPスイッチャー(アプリスイッチャー)と言うそうです。
私も以前この操作を知らずに教えてもらい、始めて実行したとき、
「こんなに立ち上がりっぱなしなのか!」とびっくりしたことがありました。

特にアンドロイドのスマホからiphoneにした人には馴染みのない作業なので知らないことが多いのではないかと思います。
(私がそうでした…)

さっきまで使えていたカメラがいきなり壊れたら、やっぱりビックリしますよね?
でも、こんな簡単な方法で直すことが出来ました。

もし、同じような症状になってしまってパニックになっている方のお役に立てたら嬉しいです。

さいごに

今回はアプリスイッチャーでアプリを強制的に終了することで、カメラ画面が真っ暗という問題を解決できました!

そして、もしこの方法でも直らない場合は再起動が有効だそうです。
(推測なのはAPPスイッチャーで直ってしまったので試していないからです。)

再起動もアプリを強制に終了することになりますから、原因と解決策としては同じことかもしれませんね。
再起動の方法は簡単です。

iphoneの再起動方法
ホームボタン(真ん中下の丸いボタンです)とスリープボタン(画面を見て右側面の一番上)を同時に長押しします。

アプリスイッチャーで直らない場合はぜひ試してみてください。

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。