BSアンテナが無い団地でBSが見れるの?電化製品音痴でも簡単!

 

私は今UR都市機構の団地に住んでいるのですが、自分の住んでいる団地でBSが見れることを知りませんでした。

よく聞けば数年前に全戸BS/CSアンテナに対応したそうで…
と言ってもどうやってみていいかも分からなかったのですが、やってみたらすごく簡単なんですね!

そのやり方をお伝えします!

スポンサードリンク
 

BSアンテナが無い団地でBSが見れるの?

まず、この方法(方法と言っても特殊な方法ではありません)は、お住まいの団地がBS/CSアンテナに対応しているのかしていないのかによりますので、ご不明な場合は管理事務所に確認してみてください。

「うちの部屋はBSは見れるの?」と聞けば教えてくれると思います。

大丈夫の場合は
「この団地は全戸対応してますよ」
というような旨の返答が来るでしょうし、駄目な場合は
「自分でアンテナを立てれば見れますよ」
というようなことを教えてくれると思います。

もし、全戸見れますよという答えならば、今日お伝えする方法で見られるかと思います。

その方法とはそんなに難しくはありません。
必要なパーツを1個買って、テレビにつなくだけです。

ところでパーツを買う前にBSが移るのかを確かめてみましょう!

今現在は壁についているアンテナからテレビにコードがつながっているかと思います。

そしてそのコードの繋がっている先を見てみてください。

テレビの裏や側面にこんな記載があるはずです。
その近くにこのようなアンテナ入力端子があるはずです。

おそらくと言うか、確実にその線はVHF/UHFと言うところに繋がっているはずです。
そこに繋がっているから今は地デジが見れています。

その線を抜いて、隣あたりにあるBS・110度CSと言うところにつないでみてください。
そうしたらリモコンのBSのチャンネルを押してみてください。
きっと見れるようになっているはずです。

もし、見れないよと言う場合は、リモコンのどこかに地デジ⇔BSのボタンがあるかもしれないのでそれを押してからチャンネルのボタンを押してみてください。

スポンサードリンク

いかがでしたか?
見れましたよね?

見れたということは壁までBSの信号は来ています。

今まではVHF/UHFと言う地デジを見るアンテナの入力端子にしか線をつないでいなかったのでBSが見れなかったのです。

なので、BS・110度CS入力端子にアンテナ線をつなげばBSが見れるようになります。
今は実験としてアンテナ線を手でつなぎ変えましたが、このように毎回アンテナ線をつなぎ変えるわけにいきませんよね?

同時に両方につなげばリモコン操作だけで地デジとBSの両方が見れるようになるわけですが、壁からは1つのアンテナしか出ていませんよね?

そこで必要なのが「分波器」というパーツになります。
つまり読んで字の如く、1つを2つにわけるパーツになります。
何を分けるかと言うと1つにまとまっている信号を2つに分けます。


そのパーツはこのようなものなのですが電気屋に行ったら安くても1500円くらいはするかともいます。
なので私はアマゾンで上記のものを買いました。

私が買ったものは分かりやすく色分けされていたので、色に従って入力端子につなぐだけです。
このパーツのIN側に今までの線をつないで、2つに分かれた側をテレビにつなぐだけで常時地デジとBSの両方が見れるようになります。

このように色分けされていてすごくわかりやすい商品でした。
これなら間違えずに繋げますね!

楽天だったらこちらがレビュー件数3000件を超えていて人気でした。

BS放送の配線DVDデッキが繋がっている場合は?

今お話ししているのは壁からのコードがテレビに直接つながっている場合です。
次は壁からのコードがテレビではなくDVDデッキに繋がっていた時の話になります。
(ブルーレイデッキだとしても同じです)

DVDデッキにも同じようにはVHF/UHF入力端子とBS・110度CS入力端子があるはずで現在はVHF/UHF入力端子に壁からのコードがつながっているはずです。

なのでその線を分波器につないで、分波器から2つに分かれた選をそれぞれVHF/UHF入力端子とBS・110度CS入力端子につないでください。

DVDデッキからテレビの線はいじる必要はありません。
たったそれだけでBSが見れるようになるはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
団地が全戸BSに対応している場合は分波器を使うだけで簡単にBSが見れましたよね?
見れない場合は、線を逆につないでいないかとか出力端子につないでいないかなどを確認してみてください。

電化製品は苦手で…
子供を離れたところから呼んで見てもらうまでBSは見れないと諦めていませんでしたか?
これであきらめる必要もなくなりました。

ごゆっくりと今まで見れなかったBS放送をお楽しみください!

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。