手袋をしたままスマホは反応しない!操作する方法と裏技公開

 

冬になって手袋をしている時に
何か不便な事って無いですか?

あるある!

あれってめんどくさいんだよね、寒いし。

そう冬のスマホの操作って困りませんか?

そんなときの解決方法の紹介です。

スポンサードリンク

手袋をしたままスマホは反応しない?

手袋をはめる時期に困るのがスマホの操作じゃ無いですか?

昔のスマホとか、あとらくらくフォンのスマホは今もそうかもしれませんが
あれは手袋してても操作可能なんですよー
知ってました?

何が違うんでしょうね?

今のスマホも手袋して操作が出来たら
わざわざ手袋をはずしてスマホを操作する必要もないんですが・・・。

あの、操作できるスマホ、操作できないスマホ
この違いは実はタッチの方式が違うんです。

出来るほうは圧がかかるとその場所が反応するタイプです。

逆に操作でいないほう、つまり最近のスマホは大概がこっちですが
これは静電気による方式なんです。

つまり触った微弱な電気を感知してその場所が反応するんです。

だから素手で触らないと反応しないんです。
そんな冬が来るのですが何か良い方法はないの?
に応えて、手袋をはめたままスマホを操作する方法を紹介しますね!

正攻法と裏技を公開しちゃいます!

手袋をしたままスマホを操作する方法

まずは正攻法からの紹介です。

それは発売されたばかりの時は高かったのですが
今では100均でも手に入る物を使います。

こんな手袋見たこと無いですか?
20151120_193810

指先だけなんか色が違うと言うか、素材が違うやつ

あれってなんだろうって素通りしていた人も多いようですが
あれがスマホの操作を可能にする素材なんです。

ためしに100均とかの手袋でスマホを操作してみてください。
ねっ動くでしょ!?

でも買わないのに操作だけしてたら怒られるので
気に入ったら買ってくださいね!

スポンサードリンク

数年前にこのスマホが操作できる、つまりスマホに反応する手袋が出たときは
その素材が効果なのか、メーカー品にしか付いていなかったんです。
だからインナー手袋に2000円とかかかってました。

でも今じゃ100均でも販売されるくらいになりました。
助かりますねー。

冬にスマホが反応しなくて困っていた方、ぜひお試し下さい。

手袋をしたままスマホを操作する裏技

実はこの裏技はあまり教えたくないのですが・・・

でも今日は教えちゃいます。

あまり人前でやらないほうがいいですよ。笑 笑

その方法は100%操作できるわけではないのですが
かなりの高確率で操作できます。

と出し惜しみしてますが
本当はたいした事じゃないんです。

「手袋の先端を舐めて湿らせて見てください!」

ね?あまり人前じゃ出来ないでしょ?

この技は冬山を登っているときに発見したんですが
冬山って命にかかわるから細かい操作も
絶対に手袋ははずさないで行うのが鉄則なんですよ。

でもそのときはどうしてもはずさないとスマホを操作できないような
そんな状況になりました。

どうしようか考えて僕がやったのが、そう

インナー手袋の先を舐める

そうしたらなんとスマホが操作できるじゃないですか!
まーそのかわり指先がすごく冷たくなったので
誰にでもどんな状況でもおすすめできる技ではないのですが。

でも普通の街じゃ指先は凍傷にもなりませんし大丈夫ですよね?

と言うか街なら手袋はずせばいいじゃん。
って事なのですが・・・。

人前で手を舐めてたら格好悪いですしね。

なので出し惜しみした裏技なんですよ。
でも、この記事見た人は1度は手袋舐めてスマホ操作したくなりません?

えっ?
反応しない?

濡らし方が足りないんです。笑

いや100%ではないんです。
裏技って事で頭の片隅に入れておいてもらえれば結構です。

まとめ

皆さんはどうやって手袋をしたまま操作してますか?

中には手袋の上から塗る塗料とかもありますね。
電子糸って言うのを縫いつける手も有るそうです。

上の写真のタッチ部はその電子糸で縫われているのかもしれませんね。

何か良い方法あったら教えてください!

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。