暖冬の大雪対策おすすめの車グッズ

 

31a06e01ecc3723ef64b5cd5163be178_s
雪が降らない降らないなんて時は油断しがちです。
しっかりと対策しないとたいへんです。

おすすすめの雪対策の車グッズ紹介です。

車に閉じ込められて出れないと最悪なケースだってあるので
しっかり対策しましょうね。

スポンサードリンク

暖冬の大雪対策おすすめの車グッズ

特に首都圏に住んでると雪には疎いので
何を準備していいのか分からないですよね。

これはあったほうが便利だよ
というものリストです。

是非参考にしてくださいね。

タイヤチェーンorスタッドレスタイヤ

これはグッズというか、雪でも運転するならば必須の装備ですね。
これがないなら雪の上では運転してはいけませんね。

自分が立ち往生するだけでなく、
交通事故や交通マヒの原因にもなるので必ず用意しましょう。

スタッドレスタイヤって高いでしょ?
と思いますよね?

確かに一部の車用の特殊な大きさのタイヤのものは高いです。
(私のハスラーがそれです…)

でも大体の車のものは
ブリジストン
ダンロップ
ミシュラン
などの大手のタイヤメーカーでないスタッドレスタイヤが販売されています。

ハンコックという韓国のブランドや
オートバックスなどのオリジナルのものなどは
タイヤホイールつきでも結構安く手に入ります。

安全の為なので必ず用意しましょうね。

スコップ

これも重要です。

大雪が降ると当然車の周りにも雪がいっぱいです。

ドアの周りの雪をどける
車の通る道を作る
他の車がスタックしたものを助ける

色々な使い道があります。

プラスチックの折り畳出来る物もあるので
車載用にはそれが便利ですね。

ブラシ

重要なものばかりですが、これもあると便利です。
フロントガラスの視界確保
屋根の上の雪の除去
いろいろ使います。

ところで知っていました?
屋根の上に雪を乗せたまま走ると罰金の対象ですよ。

昔はスキー帰りに大量の雪を載せている車が多くいました。
まだいるのですが、今はあれは罰金の対象です。

スポンサードリンク

格好いいと思ってやっているのでしょうが
事故の原因ともなるのでやめましょう。

解氷スプレー

フロントガラスが凍った時の氷を解かすものですが
一度使うとめちゃめちゃ便利です。

こちらで詳しく書いたのでぜひご覧ください。
車のフロントガラスが凍るのを防止する方法と対策!熱湯はかけていいの?

お湯をかければいいじゃん!?

そんな方はぜひ上の記事をご覧ください。
僕はそれで車のフロントガラスが割れました。
交換に10万円くらいかかりましたよ…。

長靴

これもあると助かるんですよー。

行った先で大雪のとき、
車のドアの高さまで雪があると出るに出れない時がるんです。

だって出て足を付いたら、靴より雪が高く積もっているから
靴の中が雪だらけになっちゃうんです。

そんな時に長靴があるとすごく便利ですよ。

寝袋

さすがに寝袋はいらないでしょ?
って思いますよね?

でも2年前の大雪で車に閉じ込められた方々は
すごく寒い思いをしました。

実際に雪がすごく降ると
怖くてエンジンをつけっぱなしなんてできません。

雪でマフラーが埋まっちゃうと
排気ガスが車内に入ってきて一酸化炭素中毒になってしまいます。

マフラーなんて地面から20cmやそこらの高さなので
すぐに埋まってしまいます。

そうなってしまったときの車内の寒さは半端ないですよ。
めちゃめちゃ底冷えします。

正直安物寝袋(シュラフ)なんかじゃ耐えきれません。

でも無いよりはましです。
1晩越すことも想定するなら絶対に冬用のシュラフです。

スマホの充電器や充電の設備

出来ればシガーライターからの電源供給でなくて
モバイルバッテリーなどが良いですね。

なぜかというと上記と一緒で
エンジンを付けられないこともあるからです。

救助を呼ばないといけない状況で電源が切れてしまうことを防ぐためです。

また、スマホのGPS機能をオンにすれば自分の位置を知らせることができます。

でも、使わないときはGPS昨日はオフにしたほうが良いですよ。
寒いところではバッテリーの消費が激しいです。
そしてさらにバッテリーを消費するGPS機能をオンにすると
バッテリーはあっという間になくなってしまいます。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。