ラップタオルは速乾がおすすめ!1年生にちょうど良い長さの紹介

 

174493

もうすぐ梅雨も明けてくると
いよいよ小学校ではプールが始まります。

1年生にとっては初めて尽くしですから
初めてのプールの授業ですね!?

それと同時にパパ、ママにも子供さんの
プールの授業は初めてだったりしますよね?

ラップタオル(着替えに時のかぶるタオル)を
作る・選ぶときの注意点をお伝えします。

スポンサードリンク

ラップタオルは速乾がおすすめ

プールの授業のラップタオルですが
学校によって規定があるところもあります。

なので、まずは学校からの指示を
ちゃんと見てくださいね!

よくあるのは、キャラクターもの禁止
と言うのはよく聞きます。

キャラクターもののラップタオルなんて飽きたら
おそらくもうこの先使いません。

知らないで買ったら、
最悪買い直しなんてことも出てきちゃいます。

ではどんなものが良いかをお伝えしますね。

まず第1のポイントは
速乾
です。

プールは夏になると、毎日ではないけど
2日連続なんて時があります。

それに対応するには
速乾のものがおすすめです。

乾きにくい
ラップタオルの悩みで一番多いのはこれなんです。

ただ、基本的にタオルは綿素材が多いですよね?
綿はもともと速乾ではないです。

なので大人がジムなどで使う
スポーツ用の化学繊維の速乾素材みたいのが
好ましいですが大判のタオルではなかな見つかりません。

有ったとしても大判だと
びっくりするくらい高いはずです。

普通のタオルの大きさで
3000円くらいしますから。

なので、綿だけどガーゼ素材だったり
表面の折り方を速乾のために工夫してある
そういったものがおすすめです。

それであれば、
夜洗濯しても朝には
朝には乾いている事が多いです。

ごわごわした厚手のタオルはやめましょう!

ラップタオル1年生にちょうど良い長さ

家で作る際は良いのですが
買う場合は長さは決定されちゃいますね?

ちなみに家で作る場合こちらのサイトが参考になりました。
ラップタオルの作り方です。ラップタオルを作って水泳しましょう

長さの目安をお伝えします。

さて、買う場合ですが一般的に売られているものは
どのくらいの長さが良いのでしょうか?

1年生ですと身長は大体
110cm~120cm前後くらいが多いと思います。

市販されているラップタオルは大体
60cmか80cmのものが多いです。

ただ、1年生だと60cmじゃ短い
80cmじゃ長い
と言う場合が多いんです。

スポンサードリンク

手作りだと、長さはどうにでもなるので良いのですが
買うとなると迷ってしまいます。

ちょうど中間くらいの長さのものが有れば
おすすめなのですがかなかなか売っていないんです。

しかも、無地のものなんていうと
どんどん絞られるのでなかなか見つかりません。

結局は作った方がいい!
なんて方も多いと思います。

でも、様々な事情で作れない方は多いと思いますので
おすすめを紹介しますね。

こちらは68cmと絶妙な長さだし、
うれしいスピードライなんです。

近所じゃだいたい普通のタオル素材で
しかもキャラクターが多いです。

なかなか良い物が見つからない。
そんな時はチェックしてみてください。

作る時間を考えたら
我が家はこれですね(笑)

さいごに

ラップタオルの悩みのもう1個がカビです。

子供が学校から帰ってきてくれて
すぐ洗濯に出してくれればいいですけれど
1年生じゃ忘れちゃいますよね?

そんな時にはなるべく薄い素材のほうが
カビになりにくいです。

そのあたりも考えて見つけてみてください。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。