症状

病気

髄膜炎はどこが痛いの?これって風邪?見分け方のポイントは?

風邪じゃないかもしれないと感じた時、「髄膜炎」という言葉が出てくると思います。髄膜炎は高熱、頭痛、嘔吐、頂部硬直といった症状が現れます。頭痛は通常起こる頭痛と髄膜炎では痛くなる所が違っています。なので、頭痛で髄膜炎が疑われるかどうかをチェックする事は可能です。風邪と髄膜炎の見分け方をご紹介しましょう。
病気

髄膜炎とはどんな病気?検査や治療の方法、入院期間はどのくらい?

髄膜炎は決して子供だけがかかるのではなく大人も発症する可能性があり更には初期症状が風邪に似ている事から症状を放置してしまい、重症化して脳炎を発症してしまう事もあるとても怖い病気なのです。熱が38度以上で風邪を引いたかもしれない時、嘔吐やいつもよりも酷い頭痛、首の痛みを感じたら「髄膜炎」を疑い検査を受けてみましょう。