雛人形

季節のお話

雛人形処分の方法は?供養するときの時期や料金はどれくらい?

雛人形も、色んな事情で手放さなくてはいけない事もあります。お嫁に行って雛人形が不要になったり、引っ越しで雛人形を置くスペースがないので手放さなくてはなど。娘への想いが込められた雛人形を粗大ごみで出すというのは何とも気持ちの良い物ではありませんよね。 そこで、雛人形の手放し方(処分)の方法をいくつかご紹介しますね!
季節のお話

雛人形をしまう日に雨!どうしよう?気になるカビ対策のやり方は?

雛人形を飾って楽しんで、桃の節句も賑やかに過ごして待っているのはお片付け。買った時と同じ状態でしまうけれど、予め用意しておいた方が良いのは和紙と緩衝材と人形用の防虫剤です。そして忘れてはいけないのが、布製の手袋!!毛ばたき(小さい方が良いです)。ちょっとだけ手間がかかるけど年に1回~2回程度の事なので頑張りましょう!!