飛行機で酔い止めはもらえる?機内持ち込みできるの?

   2018/06/06

飛行機は新幹線や自動車などと違って
気圧やGの影響を体に感じられ、人によっては酔ってしまいます。

飛行機だと気分が悪いからと途中で降りる事も、外の空気を吸うことも出来ません。
そんな時は酔い止めの薬が重宝するのですが…

薬って機内に持ち込むのどうやったら良いの?
せっかく用意したのに没収されたりしない??

と不安なあなたに、お伝えします!

スポンサードリンク
 

飛行機は酔い止めをもらえるの?

何度か飛行機に乗っている私ですが、
過去に1度だけ飛行機による乗り物酔いを体験したことがあります。

その日は風邪気味だった事もあったので、体調が悪化したのかと思ったんですが…
まず最初に頭痛が起き、次第に遠くの方で吐き気を感じ始めました。
離陸して30分ぐらい経ったころにCAさんが気付いて
おしぼりを手に声をかけてくれたんですが、
通常ではありえない大量の汗をかいて震えておりました(-_-;)

まさか自分が乗り物酔いをするなんて思わなかったので、
当然ながら薬を持ち合わせておりませんでした。
あと30分耐えるしかないと覚悟を決めていたら、
再びCAさんが私の元へカップと何かをトレイに乗せて来てくれました。

お水、くれるのかな?

違いました。

酔い止めの薬とお水、そしてキャンディを持ってきてくれたんです。
「離陸して30分ですので、まだ薬が効くかと思います。落ち着かれましたら飴をどうぞ(^^)」

ビックリです!!
機内に薬があったんだ(*_*)

調べてみると、急患が出た時の為に多少の薬の用意はしてあるんです!
国内線ならともかく、国際線となると一度離陸すれば
長ければ半日は空の上ですもんね…
薬などがなかったら大変です。

もしも、飛行機に乗っている時に酔ってしまったら迷わずCAさんに声をかけてください。
きっと手助けしてくれますよ☆

スポンサードリンク

飛行機に乗るときの酔い止めを飲むタイミングは?

普段乗り物酔いとは無縁の私ですが、
歳を重ねるにつれて三半規管が弱ってきているようで…
バスや自動車に乗ると、気分が悪くなってくるんです。

これって乗り物酔い体質になった??と不安に感じ、
そろそろ酔い止めの薬をストックしておこうかとすら考えています。

子供の頃から乗り物酔いなんてしたとしても軽度で、
ちょっと気持ち悪いなぁ程度。

だからいつ飲むのかなんて分からないので、
今後の為にいつ飲むのかタイミングを調べてみました。

すると、「乗り物に乗る30分前」と記載されています。

バスや新幹線ならともかく、飛行機が離陸する30分前だとちょうど機内に案内されている頃でしょうか。
離陸するまでは何かと落ち着きませんから、
搭乗手続きが始まったら薬を飲むか、空腹にならないようにチョコレートや飴などを持っておくと
割と乗り物酔いを防止することが出来ますよ。

飛行機に酔い止めは持ち込み出来るの?

飛行機の中で酔い止めの薬を貰えると分かっていても、
もしかしたら飛行機以外でも乗り物酔いするかもしれませんから出来れば自分で用意しておきたいですよね。

ですが、テレビを見ていると薬を持ち込むと検査されたり
、疑われたりと何だか厄介な気配しかしません(笑)

怪しまれたり変に調べられるぐらいなら持っていかない方が良いのでは?
と思うのは私だけ?!

でも安心してください!
酔い止めの薬や風邪薬など必要な薬には持ち込み制限はありません!

用法用量の確認の為に外箱のまま鞄にいれておくと、
万が一にもチェックが入ったときスムーズなんだそうですよ。

飲みなれている薬であれば、必
要な量をピルケースに入れて説明書を持っておけば荷物も少なく済みます。

手荷物検査時に薬を鞄から出しておくという声もよく聞きます。

さいごに

これはテレビを見て知りましたが…

乗り物酔いをしやすい人は、ゆったりしたシルエットの服装にしておくと良いそうです。

私が乗り物酔いをしたあの頃の私はアムラー(笑)だったので、
ストレッチブーツにタートルネックセーター、タイトスカートと全身を締め付けておりました!!

この服装も関係していたのかと思うと、なんだか妙に納得です!

しかも柑橘系は乗り物酔いを助長させてしまうらしいんです!
CAさんが持ってきた飴はたしかミルク味(だったような…甘かったから)。
あとね、睡眠不足も良くないんだそうです。
ようは心身ともに健康でリラックス状態でないと、
気圧やGの影響を諸に受けて体調不良になりやすいという事ですね。
こちらもCheck!

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。