飛行機に日焼け止めやチューブや缶に入ったクリームは持ち込めるの?

夏は日焼け止めクリームが手放せません!!
例え楽しいバカンスであればある程、日焼け止め対策を疎かには出来ませんよね。

でも、問題は…移動手段が飛行機の場合、何だか色々持ち込みには制限があると聞きます。
現地調達も良いけれど、やっぱり自分の肌に馴染んでいる普段使い慣れている日焼け止めクリームを使いたいと思うのは
私だけではない!!
そこで、私が夏のバカンスを楽しむ為に今使っている日焼け止めクリームは飛行機に持ち込めるのか調べてみました!!

スポンサードリンク
 

飛行機に日焼け止めクリームは持ち込める?

行きたいバカンス先は国内ならば沖縄、海外ならば王道であり海外旅行初心者に優しいハワイ!!
そして私の愛用している日焼け止めクリームは「ニベア 高密度ケアUVミルキィジェル」80g♪
さて、私のニベアは飛行機に乗れるのでしょうか?!

沖縄は国内線なので、持ち込み制限はユルい☆じゃなくて、優しい基準♪

私のニベアはキャップをひねって半回転程回さないと開かないタイプなので、万が一にも蓋が緩んだとしても中身が出ることはありません。
ですが、ここは女子力UPを狙って透明ポーチに入れてバッグに入れれば、カバンの中で日焼け止めクリームが迷子になるのを避けれるし空港でチェックを受けたとしてもさっと取り出せて安心です。

ちなみに大体の国内線の基準は
1つの容器あたり0.5Lまたは0.5kgで、持ち込み可能な最大量は1人あたり合計2Lまたは2kgまでになります。

行ける気がしないけれど行きたいハワイだと当然ながら国際線!
(人生4○年経ったけれど一度も国際線の乗った事がない…)

国際線はやはりフライト時間が長い事もあってか、安全面から持ち込み制限は色々基準が厳しい!!
けれどなんでもかんでもダメというわけではありません。

だって、芸能人やセレブが海外旅行を楽しむ時にいちいち現地で化粧品や日焼け止めクリームを調達しているとは思えません。
そこで調べてみると日焼け止めクリームはクリームだけど水分が含まれているので「液体」扱いになる!
これはスプレータイプでも同じだというから驚きです!!
そして持ち込む為の制限が「100ml」!

1g=1mlと考えてOKなので、私のニベアは80mlと国際線の基準もクリア!!(やった飛行機乗れる!!)

ただし、そのままカバンに入れずに透明で20cm×20cmのジップバッグに入れるようにしましょう。
序に言うならば、機内に持ち込む場合はジップバッグに入れて1人1個までという個数制限があるので化粧水や乳液などは日中使わないので、同じようにジップバッグに入れてスーツケースに入れておきましょう。

飛行機に歯磨きなどのチューブに入ったクリームは持ち込める?

ランコムやアユーラの日焼け止めクリームは、私の愛用しているニベアとは違ってチューブタイプですよね。
チューブタイプを愛用している人も多く、内容量も50g前後と小ぶりですよね。
つまり、先ほどと同様に持ち込み基準量が100ml以内であれば国際線機内への持ち込みはOKです。

ただし、やはり透明で20cm×20cmのジップバッグに入れて持ち物検査時にスッとカバンから取り出せるようにしておかなくてはいけません。
そして、チューブタイプは気づいたらキャップが緩んでいる事があるのでしっかりギュッと閉めておきましょう。

ちなみに…100mlまでと書いてあるからと測りで今何gあるのか?を調べるのではなく、容器が100ml入るかどうか?なのです。
使い続けてもう50gも残っていなくても、容器が120gを表示されていれば基準値オーバーとみなされるので別容器に移しておきましょう。

スポンサードリンク

ニベアのような缶に入ったクリームは飛行機に持ち込める?

ニベアといえば缶。
缶に入っているクリーム(私はずばりニベア缶を愛用)も毎日使っているならやっぱり旅先に持っていきたいですよね。
でも、ニベアがそうですが割と蓋が開きやすい(笑)
だからこそ、飛行機に持っていくとなるとフライト中や移動中のちょっとした衝撃で蓋が開いちゃうんじゃ…という不安もタップリ!!

こういう時どうすれば良いのか?海外旅行が趣味の友人に聞いてみると…
スクリュータイプの容器(使う量に合わせた容量)に移し替えて、ジップバッグに入れておけば問題なしに持ち込めるそうです。

ただし、こちらも手荷物検査の時にカバンから予め出して検査を受けるようにしておくとスムーズに進むそうです。
友人はキャップ部分に「UV」と大きく書いておくんだそうです。
すると、持ち込んだ本人も検査の人も中身が日焼け止めだと分かるので、「これは中身は何だ?」と聞かれる事もないとのこと。

念には念を入れて準備をしておけば、不安な思いもイヤな思いもせずにバカンスを楽しめますね!!

さいごに

国際線に乗る時は、やはり「液体」は100mlまでしか持ち込めない事を理解しておかなくてはいけませんね。
そして内容量ではなく、容器に記載されている容量でジャッジされるという点は盲点だったという人も少なくはないでしょう。

日焼け止めは特に毎日使う物だから、私はついつい内容量の多い物を選んでしまいます。
逆にポンプ式の大容量があれば良いのにとすら思っているぐらいです(笑)
でも国際線は航空法の基準があるので、使い勝手よりも安全面が当然優先されます。

日焼け止めなんか危なくもなんともない!!なんて誰もが分かってはいるけれど、浴びるほど日焼け止めを塗る事はないし…
100mlの基準と透明の袋に入れるという2点を守って楽しい夏のバカンスを楽しみましょう!!

飛行機関連記事こちらもご覧ください♪

モバイルバッテリー基準の160whってどのくらい?1泊2日旅行におススメはどれ?

飛行機はモバイルバッテリーを預けても大丈夫?預けてしまった時は?

飛行機にパソコンは何台持ち込める?受託手荷物で預けられるの?

飛行機に持ち込むスマホに台数制限はある?預け荷物にしても大丈夫?

デジカメ、ACアダプター、電気シェーバー飛行機は預けor手荷物?

飛行機でポップアップテントは機内持ち込みそれとも預けるの?

飛行機に日焼け止めやチューブや缶に入ったクリームは持ち込めるの?←イマココ

サンカット日焼け止めスプレーは飛行機に持ち込めるの預けるの?

飛行機に子供のシロップ薬は持ち込める?国内線、国外線の場合は?

飛行機で酔い止めはもらえる?機内持ち込みできるの?

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク

コメント