小樽ビールビアガーデンに行って来た!札幌大通公園よりおすすめ!?

北海道のビアガーデンと言えば札幌の大通公園が有名ですが、今日は「小樽ビール狸二条ビアガーデン』通称『小樽ビールビアガーデン』に行ってきたOさんにお話をお伺いしてきました!

大通公園のビアガーデンよりもおすすめ!?
小樽ビールビアガーデンがおすすめの理由をお聞きしました!

スポンサードリンク

小樽ビール狸二条ビアガーデンの開催期間と場所は?

 

開催期間 2018年7月20日(金)~8月15日(水)

場所 北海道札幌市中央区南3条西1丁目『創成川公園 狸二条広場』

アクセス 地下鉄南北線すすきの駅から徒歩8分程度

 

こんにちは!

Oさんが小樽ビールビアガーデンに行かれた理由を教えて下さい。

はい、札幌の夏の風物詩と言えば、大通公園で開催されるビアガーデンが有名です。

創成川公園が出来てから、狸二条広場では小樽ビールのビアガーデンが行われるようになりました。

大通公園のビアガーデンと違い、のどかな空気が漂っていて違った雰囲気で楽しめるからです。

 

小樽ビールビアガーデンがおすすめの理由

小樽ビールビアガーデンをあまり知らない人へ、おすすめな点を教えてください!

はい、何といってもビールが美味しいです!

ドイツビールを参考に作られている本格派ビールから、女性向けのチェリービールなどラインナップが面白いんです。

ドイツ料理がメインなのでビールとの相性も抜群です。

更に、目の前に二条市場があるという地の利を生かした海鮮メニューも幾つかあって美味しいです。

 

BGMにはドイツ民謡が流れて、ゆったりした空気が漂っていて、会場からは札幌のシンボル・テレビ塔が見えるので、観光客にもお勧め出来ます。

 

創成川公園自体が比較的新しいので、トイレが綺麗なのも助かる。

大通公園のビアガーデンよりも込み合わないので、人込みが苦手な方にもお勧めなんです!

 

 


スポンサードリンク

小樽ビールビアガーデンを100%楽しむためのアドバイス

小樽ビールビアガーデンこれから行く方へのアドバイスをお願いします。

がっつりと飲みたい方には、2200円の飲み放題がお勧めです。
昼の部は先着25名で12時~16時、夜の部は先着50名で17時~21時の間になります。

長い時間じっくり腰を据えて飲むことが出来るビアガーデンです。

 

日中は陽射しを遮ることのできる屋根付きシートの人気が高いのですが、中央の屋根なしシートは混雑する時間帯でも比較的空きがあります。

 

札幌は日が落ちるとかなり涼しい日もあるため、夜に行く方は羽織れるものなど準備しておくと安心です。
トイレは綺麗だけれど紙がないので、必ず持参すること!
近くにはコンビニもあるので、虫よけや日焼け止め、ティッシュなどすぐ調達出来ます。

 

さいごに

ビアガーデンに行きたいけどトイレの混雑が困るという女性、美味しいビールをがっつり飲みたいという人、人込みが苦手な方に一番オススメしたいビアガーデンです。

 

二条市場周辺は、創成川イーストと呼ばれ再開発が進んでいる話題の地区です。

Sサイズのビールを1杯だけ飲んで雰囲気を味わい、そこから徒歩圏内で海鮮や老舗ラーメンなどを楽しむことも可能です。

 

中心部にいながらも、喧騒から離れてゆったり過ごせますよ。

客層もやはり、大通公園のビアガーデンと比べると落ち着いた印象です。
そのため、ご家族でも来やすいのではないでしょうか?

 

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク

コメント