赤ちゃんが朝まで寝るのはいつから?眠いのに寝ない時に寝る方法は?

赤ちゃんが生まれて幸せに浸るのも束の間…なかなか朝まで寝てくれないからママは日々睡眠不足!!
いい加減うんざりしてきますよね…

ネットや育児書見ても色んな意見があって、参考になるようなならないような…
だって赤ちゃん一人ひとり違いますから正解なんてありません。

赤ちゃんの眠りの仕組みと赤ちゃんが朝まで寝る為に試して効果のあったやり方をいくつかご紹介しましょう。

スポンサードリンク
 

赤ちゃんが朝まで寝るのはいつから?

生まれて直ぐの赤ちゃんはほぼ3時間置きに泣いて、お腹いっぱいになったら眠って…
3時間おきに起こされる日々は本当に身体が堪える!!

いつになったら朝まで寝てくれるのか…
決して永遠には続かない事だと分かっているけれど、睡眠不足は精神的にも肉体的にもダメージが大きい!!

赤ちゃんが朝と夜の違いが分かるようになると、朝まで寝てくれるそうなんですがそれだけではありません。
これは我が子が余りに朝まで寝てくれない辛さから、朝まで寝てくれるようになるのはいつなのか?と調べたことがあります。

なんと、離乳食が始まる頃つまり生後6か月ぐらいには朝までまとめて眠ってくれるようになるというのです。
この時我が子は生後8か月で、離乳食も中期に入った頃でしたが数時間おきに起こされてミルクを飲ませていました。

この時の私の失敗は、朝赤ちゃんが起きるまで起こさなかった事、赤ちゃんが眠くなったら寝かすという赤ちゃん主体の生活リズムだった事です。
つまり、赤ちゃんといえども朝8時までには起こして朝日(日光)を浴びて、体内時計をリセット!
そして夜8時ぐらいには、入眠の為の静かな環境で眠りに入れるように夕方ぐらいにはお風呂(沐浴)をすませておきます。

もしも今赤ちゃんが朝まで寝なくて困っているのなら、是非次の朝は辛くても8時までには赤ちゃんと一緒に起きて朝日を浴びましょう。

そして、夜中に赤ちゃんが泣いても直ぐに授乳や抱っこをしないでください。
「鬼だ!!」と思うかもしれませんが、泣いている赤ちゃんを放置する訳ではありませんよ。

我が子は夜中に泣くとついつい新生児の頃のようにミルクを飲ませていました。
けれど、これがいけなかった!!

自力で寝る力を養う時期に私が邪魔をしていたのです。
優しくお腹や背中をポンポンして、自力で寝る力を身に付ける時期だと思って極力抱っこや授乳は控えてみてください。

早寝早起きと自力で寝る力が身に付いた時に赤ちゃんは朝まで寝れるようになります。

眠いのに寝ない赤ちゃんはなぜ寝ない?

赤ちゃんをあやしていると、明らかに眠そうなのに頑張って耐えてなかなか寝ない時がありますよね。
何をそんなに頑張っているんだろう?と疑問ですよね。

我が子もそうでしたので、原因があるのかと思い調べてみると…思い当たる原因がいくつかありました。

・夜の授乳や添い乳を日常している
・早寝早起きをしていない(昼夜の区別がついていない)
・寝る直前まで電気がついていて明るい部屋からいきなり暗い寝室に連れて行った

これでは眠くても眠れませんよね(^^ゞ
大人でもそうですが、寝る直前までスマホやPCをいじっているとなかなか眠れませんし、夜更かしして朝寝坊した日は1日をダラダラ過ごしてしまい夜は早く寝ないといけないのになかなか寝れない…
赤ちゃんも同じと言う訳です。

少なくても布団に連れて行く30分前にはお風呂、着替え、オムツ交換、授乳を静かな部屋で済ませておきましょう。
そして寝かしつけの時には、寝る事以外の事で邪魔をしないようにしてみましょう。

スポンサードリンク

1歳の赤ちゃんが朝まで寝る方法は?

赤ちゃんが1歳になっても朝まで寝れないのは、ズバリ!!
1人で寝る力が低くなってきている証拠です。

赤ちゃんは元々一人で寝る力を持っています。
産後、赤ちゃんは1人で新生児ベッドで寝ているのが証拠で、誰も寝かしつけてはいません。

1歳になっても朝まで寝れないのはやはり、何らかの日常的な行為が邪魔をしていると言えます。

・朝方ぐずる…寝る時間が遅い証拠
・明け方ぐずる…カーテンから光が漏れている事に反応している
・朝方まで夜泣きをする…夜中に授乳している、添い乳をしている

我が子は朝方4時ぐらいにぐずっていたんですが、寝る時間はどうだったのか?というと10時でした!
親の寝る時間に合わせて赤ちゃんを寝室に連れて行っていたんですが、夜10時までリビングの隣にある和室(電気はつけず)で寝かしていました。
そして私が寝る時間に抱っこして寝室に連れて行くんですが、寝室の布団に寝かした途端に泣いて起きてしまうんです。

寝る時間が遅いだけではなく、灯りの入る部屋で寝ている上に抱っこの刺激を与えて眠りの邪魔をしていたのです。
これでは朝まで寝れる訳がありませんね。

私が実践して朝まで寝ることに成功した方法をご紹介しましょう!!

まず寝室に連れて行く前にオムツ交換、ミルクなど済ませておきます。
寝室に入ったら、灯りを薄暗くして静かな環境にします。
次に、優しく囁くような声で子守唄を歌ったり、「今日も楽しかったね。おやすみね。良い子だね~」と明日も楽しい1日が待っていると思えるようなポジティブな言葉で繰り返し話しかけます。

もし難しければ呼吸のリズムに合わせるようにするとうまくいきます。
子守唄や絵本が難しければ、赤ちゃんの耳元で「ねーんね。ねーんね」と優しく囁くだけでも効果はあります。
また、寝かしつけに成功するという絵本を利用するのも良いと思います。(私は1冊買って愛用しています!!)

さいごに

寝不足は本当にキツイですよね。
人間、寝ないと死ぬって本当だな…と痛感しました。
寝不足の辛さから、我が子が泣くと取りあえず早く泣き止んで欲しくて何も考えず直ぐに授乳したり抱っこしたり…
この事が返って赤ちゃんが朝までぐっすり眠れなくしていたなんて、もうショックでした!!

そして我が子は朝まで寝れるようになったと喜んだのも束の間、次は夜泣きが待ち構えておりました(笑)
夜泣きが始まって1週間、長期戦の覚悟を決めた途端に夜泣き終了!!
やはり赤ちゃんといえども親をよく観察しているなぁとつくづく感心したのをまるで昨日の事のように覚えています。

今の辛さは長くは続かない!気づいたら終わっています!!
悪い事ばかりではありません!成長と共にステージが変わる為、親子の絆がどんどん深まっているんですよ☆

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク

コメント