樹液の落とし方|服に着いたらクリーニングや洗濯洗剤で落とせるの?

樹液や松ヤニがうっかり洋服に付いてしまった時の落とし方をお伝えします!

また、気づかない内に洋服に付いていた場合、お洋服を諦める前にクリーニングにSOSを出しても良いのか?が分かれば、お気に入りの洋服を諦めなくても良いかもしれませんよ。

スポンサードリンク
 

樹液の落とし方服に着いたらきれいに落ちる?

樹液は普段の生活では滅多にお目にかからない人も多いのですが、私達の生活の中にある身近な自然でもある「木」を取り入れたガーデニングを楽しんでいる人には割と身近な存在であり厄介な存在でもありますよね。

何故か?服に付いたら簡単には落ちないから(>_<)!!

ガーデニングで欠かせない樹木は気を付けないとお手入れ中にうっかり樹液がついてしまいます。
しかも、「よし!ガーデニングやるぞ!!」と意気込んでいる時はそれなりの戦闘服を身にまとっているので大丈夫なんですが、ちょっと庭に出ただけなのにうっかりお手入れを始めてしまった場合、普段着だったりお気に入りの洋服を着ている事が多いですよね。

お気に入りの洋服に樹液が付いた日にはもう!!一気にテンション急降下で、もうどん底の気分になってしまいます……
私の友人は観葉植物のゴムの木をお手入れしていて樹液がおろしたての真っ白なブラウスの袖に付いたらしいです。
友人は頭が一瞬真っ白になったそうですが、直ぐに救出手段を探したそうです。

そんな事があったよねーと懐かしく思いつつも、友人の取った行動は…
消毒用のアルコールで樹液をポンポンと叩いて汚れを移してからいつも通りの洗濯をするという方法。

そしてもう一つ方法があって、それは南米ペルーのバナナ農場で行われている方法で熱湯でグツグツとにかく煮込む方法です。

これで大半の樹液はキレイに落ちるそうですが、やはり熱湯洗いに不向きの素材もありますのでレーヨンやシルクなどは熱湯洗いは避けましょう。
消毒用のアルコールはドラッグストアで個装された状態で売られている物もあり、安価なので1箱程常備しておくと何かと便利ですよ。

スポンサードリンク

樹液はクリーニングできれいに落ちるのか?

では樹液が付いた洋服はクリーニングに持っていけばきれいに落としてくれるのでしょうか?
答えは…「クリーニング店の腕による」としか言いようがありません(-_-;)

大手クリーニング店だと正直言ってキレイに落とす事は難しいと思います。
どちらかと言えば個人で長年クリーニングに携わっているお店の方が、一人一人のお客様を大切にしますし衣類の汚れのエキスパートが多い!!
しかも、オリジナルの染み抜き剤を持っていたりしますしね!!
そんなスゴ腕のクリーニング店を探したいならやはり一番良いのは、口コミですね。

これはクリーニング店(個人経営)のネットに書いてあったのですが、汚れやシミなどは経験値と探究心がないとキレイにする事はできないとの事。
汚れに付いての知識があれば、おのずと洗剤であったり手順が見えてくるもの。
樹液となれば、クリーニング店に持ち込んだ時点である程度は固くなってしまっていて、早く手を打たないと繊維の奥まで染み込んで完全に落とす事は難しくなるんです。

私達も気を付けないといけないのが、クリーニング店に持ち込む前に樹液を取ろうとしてゴシゴシ擦る事!
出来る事なら、お湯に漬けこんで繊維の奥に入り込んだ樹液を溶かし出すひと手間が大事です。

そして多少の色落ちは妥協するしかない可能性が高い事を承知したうえでクリーニング店にお任せしましょう。



松ヤニを除去できる洗濯洗剤ってあるの?

樹液以上に厄介な相手…それは松ヤニ!!
松ヤニは私も○○年前には困らされました。
松ぼっくりが欲しくて何故か無謀にも木登りをした私は、袖と前身頃に見事なまでの松脂があちこちにベットリとついてしまいました。

自宅に帰り母親に洗濯してとお願いすれば怒られる事は目に見えているので、夜にこっそり洗ってみたところ…全然ビクともしてませんでした(笑)
翌日、洋服はそっと捨てましたけどね(-_-;)
でも皆さんが私と同じ過ちを繰り返さない為の方法をお伝えします。
これは華道の先生に教わった方法です。

洗剤いりません!!
先程樹液を落とすなら熱湯で煮沸が良いと書きましたよね。
これです!!
洋服を熱湯でグツグツ煮ると、松ヤニのベトベト感もキレイに溶けて松脂も消えてくれるそうです。
その後は普通に洗剤を使ってお洗濯すれば「松ヤニなんか付いていたっけ??」状態になるそうです。

煮沸が難しい時は、消毒用のアルコールでポンポン叩きながら松ヤニを別の布に移していきます。
ティッシュに湿らせて使うとゴミがハンパなく出てしまうので、やはり個装になった消毒用アルコールコットンが私はおススメです。

つまり、特別に洗剤を使わなくても松脂はアルコールとお湯で撃退する事が出来るのです。
例えばフライパンに炒めようにと入れた油はコンロで熱している時はサラサラしていますが、熱が冷めてしまうと白く固まって洗剤で落とすのも一苦労です。
だけど、お湯で洗うと一気に洗いやすくなりますよね。
これと同じなんです。
松ヤニは漢字で書けば松脂ですので、油汚れと同じと思ってください!!

衣類に付いた松脂が溶けたら、今度は普通の洗濯洗剤で洗えば大丈夫ですよ♪

さいごに

ママ友の子供はワンパク盛りで、公園に行くと必ず木登りをして松脂を洋服と手に付けてしまう。
そして私の友人は玄関先にあるベンジャミンの鉢植えで樹液がうっかり袖に付いてしまう…
松脂も樹液も私達の生活の中では自然由来のお役立ち成分ですが、お役立ち用途以外では厄介者になってしまうんですよね。

自然の物は落としにくいと言われていますが、それならば自然由来のお湯で対抗すればよかったんです。

是非こちらもご覧ください♪
スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク

コメント