大人の溶連菌感染症は超高熱と焼けるように喉が痛いです

   2017/08/26

溶連菌にかかった妻の体を張った日記の続編です・・・

大人が溶連菌にかかると数日にわたり高熱が出たり、喉が焼けるように痛くなることがあります。
一瞬熱が下がっても油断大敵!
また38℃を超える熱が出ます。

しっかり治すためぜひお読みください。

初めの対応を誤った私の1日目を読んでいない方、ぜひこちらからお読みください。↓

大人は溶連菌にかかるの?という疑問がすごく多いようですね!?

罹るとこんなにつらいんだ!という記録なので、皆さん子供が溶連菌になってしまったときにはこの記事を思い出して絶対にかからないように気をつけてくださいね!

スポンサードリンク

大人の溶連菌感染症で自宅療養1日目は超高熱

106460

昨日は病院に行ったところまででした。
ここからははげしい喉の痛みと、超高熱との戦いです。

とにかく太いリンパを冷やして熱を下げる対策をと、

後頭部は氷枕、耳の後ろ、首、わきの下、足の付け根に”熱冷シート”を貼る。
扁桃腺にも熱がこもっていたので顎下から首にかけても”熱冷シート”
とにかく汗もかくのでスポーツドリンクをこまめに摂取!

最近では脱水症状を抑えるための経口補水液『OS1』も市販されてますね。
もし、すぐにスポーツドリンクもOS1もなければ、家で作ることができますよ!

家で経口補水液の作り方

・水・・・1リットル
・塩・・・小さじ1/2(3g)
・砂糖・・・大さじ4と1/2(40g)
しっかり溶けるまで混ぜれば完成

健康な人にとってはあまりおいしくない飲み物ですが、脱水状態の人が飲むとすごくおいしく感じるらしいですよ。
美味しいと思った人は要注意です。

飲み方としては一気に飲まずに、こまめに摂取してくださいね。

さてさて、これで対策はバッチリ!と何度も寝てみますが、熱い&痛いで眠りは浅いです・・・
まあ初日はしょうがないなと、とにかく我慢です。

この時体温はなんと39.88℃
40度にいくかと思いました。

とにかく熱で菌をやっつけて、汗をかけば良くなることを信じてひたすら待つしか出来ませんでした。

スポンサードリンク

溶連菌感染症で自宅療養2日目は治ったと勘違い

あれ?少し良くなってるかも?
昨日の作戦が功を奏したかな?

と熱を測ると37度台に下がってました。

午前中に入ってた仕事をこなしてみよう!

でも完全に回復したとは言いがたいので、解熱鎮痛剤で保険をかけて2時間くらいで仕事終了。

帰ったらガッツリ寝て、しっかり回復させよう!と思いきや、体が熱くなてきちゃいました・・・

あれれ?ぐんぐん38度を超えていくー(泣)
やっぱり治ってなかったか!?
そうだよね・・・

と言うことでおとなしく寝まーす・・・

相変わらず
喉の痛み、背中の痛み、高熱
が続きます。

引き続き
氷まくら、冷えピタ、マスク、スポーツドリンク、桃。

その夜の体温は39.5度・・・

お医者さんのアドバイスは
熱中症に気をつけて!
とのことです。

そりゃそうですね39度の熱が何日も出れば体の水分が無くなっていきますよね?
意識して水分を取らないと大変な事になりそうです。

溶連菌感染症で自宅療養3日目高熱と喉の痛み

3日目は昨日とは違い朝から38度越えです(泣)

全然良くなっている気がしません。
体を冷やしても冷やしても熱は下がらりません。

ネットで大人の溶連菌を調べても、薬を飲み始めて1~2日で喉の痛みも熱も落ち着くと書いてあります。

何かがおかしいかも?と不安な気持ちになってきました。

心境的にも、弱気から腹立たしさに変わり、薬もしっかり飲んでる!汗もかいてる!
なのに効かない!と怒りの気持ちが強くなって来ました。

でも、冷静に考えると、体のどこが一番熱い?
と考えてみると

それは・・・喉

とにかく首が焼けるように熱くてたまらなかったんです。
そしていつからか扁桃腺から膿が沢山出てました。

まだ、足りてないこと???
イソジン イソジン!
うがいを沢山してみよう!

明日に続く~
(救急車のお世話に?の4日目です)

まとめ

溶連菌=喉への感染

これが溶連菌感染症の特徴なのですが
私のようにもともと扁桃腺の大きい人は特に要注意です!
喉が腫れて40度近い超高熱が数日間続きます。

とにかく早めの対処が必要です。
私も昨日書いたように後手後手の対称が原因でこんなことに・・・

皆様の需要が多い溶連菌関連の記事を見やすくまとめてみました。
絶対かかって欲しくないのでぜひご覧ください。
スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。