花粉症対策の手軽な方法!みかんの皮で今年は楽々!?

 

春の穏やかな気候が待ち遠しいという気持ちとは裏腹に
煩わしい花粉症の症状に悩まされている人は年々増加しています。

病院で処方された薬や市販薬を服用して症状を抑えられても、
妊娠中や授乳中は出来る事なら薬は避けたいところですよね。

免疫力が向上すると、IgE抗体を持っていたとしてもヒスタミンの放出を抑えられれば
花粉症の症状は緩和される事をご存知ですか?

ヒスタミンの放出を抑えてくれるのは、お馴染みの果物「みかん」!

ただ、みかんジュースでは効果がないので、
手作りスムージーで美味しく効果を実感&みかんサプリをご紹介します!

スポンサードリンク
 

花粉症の対策 手軽な方法を紹介

ヨーグルトが花粉症に効果があると聞いた事があるかと思います。
花粉症は免疫力が低下する事で発症してしまい、
一度発症すると長いお付き合いになってしまいますよね。

病院の薬では副作用が心配ですし、市販薬も色々ありますが
種類が多過ぎてどれが自分に効果があるのか分からないし、
イマイチ効果を感じなかったり。

特に小さい子どもは薬を飲むのが大変!
妊娠中や授乳中のママは病院に行く事すら大変です。

まずは花粉が身体に付着する事、家の中に入る事を阻止する事が大切です!

花粉対策専用の春用のコートを新調するのも効果的ですが、
花粉症対策用というのは高額でなかなか買うには勇気がいります。

お手軽花粉症対策①
そこで、我が家でも実践していますが
静電気防止スプレー
これを用意します。
お出かけ前にスプレーすれば静電気で花粉が衣類に付着するのを軽減する事が出来ます。

お手軽花粉症対策②
そして、家の中では加湿器!

花粉が舞わせないのが重要!
湿度で花粉が床に落ちるようにして、
クイックルワイパーにウェットシートを取り付けて拭き掃除!

最新の高性能掃除機なら大丈夫ですが、
我が家のように10年選手の掃除機では
フィルターから花粉が舞ってしまうので使用しない方が良いですよ。

お手軽花粉症対策③
そして髪が長めの人は是非まとめ髪をして
花粉が髪の中に入り込まないようにしましょうね!

髪の毛に花粉が付着して、それが顔の周りに当たる事で
花粉がダイレクトに目や鼻、口に入ってしまいます。

まとめ髪と聞くとハードルが高くなりそうに感じますが、
最近では不器用さんでも簡単に出来るまとめ髪が沢山紹介されているので
参考にしてみてくださいね。

私は不器用なので編み込みなど凝った事が出来ないので、
お団子ヘアや1つ結びをしながらシニヨン風にしていました。

最終的にはショートヘアにしてしまいましたが・・・
ショートヘアも効果的ですよ!!

スポンサードリンク

花粉症にみかんが効くって本当?

花粉対策をやれる事をやっても、
身体の免疫力が向上しなくては飛散量に合わせて症状も悪化してしまいます。

実はみかんが花粉症に効果がある事が分かったのです!!

みかんの皮に含まれているフラボノイドの一種「ノビレチン」が含まれていて、
ヒスタミンの放出をブロックしてくれるんです!

ただ、市販のみかんジュースを飲んでも、
みかんの皮は入っていないので効果はありません。

日本では昔からみかんの皮は「陳皮」と呼ばれ
漢方や薬膳でも重宝されていました。

また、入浴剤としてみかんの皮をお風呂に入れると
身体を温め発汗を促しつつ柑橘の香りでリフレッシュできたり、
煎じて飲めば胃腸の調子を整えてくれます。

そこで、みかんを皮ごとブレンダーでスムージーにしてしまえば
みかんに含まれる栄養を余すことなく摂れます!

ただみかんをまるまるブレンダーで潰しても、
美味しいというにはちょっと無理があるので
ここで助っ人として腸内環境を整えてくれる
ヨーグルトを加えて相乗効果を狙います!

みかんとバナナ、ヨーグルト、はちみつ、牛乳(豆乳)で
子供でも美味しく飲めるスムージーが出来ますが、
関西のバリスタの中心的存在の石田謙介氏が考えた
美味しいレシピがネットで紹介されています!

色んな野菜や果物と一緒にスムージーにする事で、
みかんの皮の独特のエグミを感じず美味しく飲む事が出来ますよ。

我が家ではたまにみかん丸ごと使って
手作りのなんちゃってマーマレードを作っているので、
パンだけではなくヨーグルトにかけて食べてみようかと思います。

牛乳アレルギーがある人はスムージーは向かない可能性があるので、
乳酸菌サプリの服用で免疫力を強化する事が出来ます。

花粉症にはみかんのサプリがおすすめ!

みかんはハウス物を含めて年中食べる事が出来ますが、
シーズンが終わるとやはり高額になり毎日食べる事は難しくなります。
そんな時には、サプリメントの登場です!

みかんのサプリまであるのか?と驚いたのは私だけではないと思います。
あの近大が青ミカンのサプリを開発した事を知っていますか?
「近大サプリ」と言われていて、
ヘスペリジン・ナリルチンの含有量が最も多い時期に収穫し
独自の方法で加工したのが「青ミカン乾燥粉末」で
ビタミンC、βカロテンを配合した栄養機能食品なんですが、
これが花粉症の症状を緩和すると評判です。

他にもあの江崎グリコが開発し販売している「αGヘスペリジン」
というサプリがあり、これもみかんの成分ヘスペリジンが主成分です。

元々は風邪予防や冷え性などの血流障害の為のサプリでしたが、
花粉症などのアレルギー作用を抑制する効果がある事から
花粉症に悩む人にも支持されています。

ズルズルした鼻水の水分は血液中の水分なのですが、
ヘスペリジンは「血管透過性を抑制する働き」があり、
血管から過度に水分が透過して出てしまう事を抑えてくれるので、
鼻水に効果があります。

最近では点鼻薬を長く使うと効果がなくなってしまうと言われているので、
サプリで鼻水を抑えて点鼻薬の出番を減らすのも効果的です。

なによりもサプリメントなので副作用がなく、
苦みもないので簡単に服用する事ができます。

ただ、サプリなので効果には個人差があり
手放せないぐらいの効果がある人と、
何も効果を感じなかった人と両極端です。

さいごに

つくづく感じるのは、昔から食べられている物は
本当に身体に良い物なのだという事です。

昔は現代の様に色んな薬もなかったので、
人は身近な食べ物を工夫して健康を維持していたんですよね。

私達の今の生活は便利ですが、病気の種類も増えています。
薬も種類が増えて助かっている反面、副作用の不安とも隣り合わせです。

もう一度食べ物から見直して腸内環境を整え
先ずは免疫力を向上させる事が万病に効くのかもしれません。

何よりも日本人に合った食生活に戻す事も大切なのかもしれません。

みかんのシーズンが過ぎて、青果コーナーではポンカンが多く見られるようになりました。
来年は是非とも皮ごとスムージーを飲んでみようと思っています!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。