飛行機に子供のシロップ薬は持ち込める?国内線、国外線の場合は?

 

大人も子供もここぞという時に限って病気をしてしまう事ありますよね。
家族旅行を控えているのに熱を出す、風邪をひくなど
病院で処方された薬が手放せない旅行になることも少なくありません。

ですが、何かと持ち込み制限があり全てを把握するのが難しいのが飛行機!

知らずに空港に行ったら没収されてしまった
なんて悲劇は大なり小なりよく聞きますが、
薬となると没収されてはたまりません(-_-;)

そこで、子供の薬(シロップ)を持って国内線・国際線に乗る時に気を付ける事はないかお伝えします!

スポンサードリンク
 

飛行機にシロップの薬は持ち込める?

大人でも病院で処方される薬でシロップがあるぐらいですから、
錠剤の飲めない子供となれば処方される薬は粉薬かシロップですよね。

しかも何故か薬を飲む期間が長いんですよね。
長いと旅行中も飲まないといけなくなるので、
当然薬はカバンの中に忘れずに入れておかなくてはいけません。

航空会社のホームページや空港では液体の持ち込み規制と制限が記載されていて、
「100ml以下の容器に入れて総量で1リットル以内まで」
「縦横40cm以内の透明のジップロックに入れる」
と書かれています。

となると、処方されたシロップは明らかに100mlを超えている場合は小分けしておかないといけないの??
そんなことしたら、衛生的に大丈夫なのかな??とちょっと不安に感じますよね。

ご安心ください!!

処方されている薬は医薬品ですので、機内で確実に必要な場合(緊急時に対応する為にも)
手荷物として特に規制されずに持ち込む事が出来ます。

私自身もシロップ(水薬)を飛行機に持ち込みましたが、
この時は念のためにジップロックの袋に水薬を入れて万が一にも蓋が外れて漏れないようにしましたよ。

手荷物検査用にジップロックには薬が入っていた袋と薬の説明書を一緒に入れて、
鞄から出した状態で検査を受けました。

が、特に何も言われず検査終了でした。

ハワイに遊びに行った友人一家も、薬の説明書と一緒に特に容器を移し替えずに子供のシロップと酔い止めの薬を持ち込んだそうですが、ノーチェックだったそうです。

ただ、何となくシロップは飲む量毎に小分けにしておくと管理が楽なのかな?
と思ったらしく、最近では100均でちょっと可愛いタレ用の容器に移し替えて旅行に持って行っているそうですよ。

容器を移し替えた時は、薬の入っていた袋に小分けの容器を入れて
「子供用の薬」とラベルを貼って、念には念を入れているとのことです。

旅行時に子供の薬を持っていくとき気を付けること!

旅行中、子供がその時治療中であれば薬は当然持っていくと思います。

でも治療中ではないけれど、
定期的に整腸剤だったり軟膏、鼻炎薬などを処方してもらっているなら
念のため旅行前に病院で処方してもらっておくと安心ですよ。

例えば、お腹の弱い子供は海外の食事で体調を崩しやすいので
整腸剤を多めに処方してもらっておいたり、
旅行中に処方されている薬がなくなりそうなら追加で処方してもらっておくと
万が一にも症状が出たり、症状が緩和されない時に
どんな薬を現地で調達すれば良いのか分からずパニックにならなくて済みます。

スポンサードリンク

また海外に旅行に慣れているママは海外旅行前に、処方箋を英文にしてもらっておくそうです。
これなら、万が一にも旅行中に薬を買い足すときに
処方箋を見せれば現地の薬剤師が用意してくれるんだそうです。

他にも予備の薬として1回~2回分をスーツケースではなく手荷物の鞄の中に入れておくと、
アクシデントでスーツケースが他の飛行機に積まれて
手元に戻ってくるのに数日かかるなんて事があっても取り合えず安心
です。

国内だとそういった心配は不要なんですけどね(;^_^A

私が子供と一緒に旅行に行った時は、処方されている薬(軟膏)の他に
絆創膏、保湿クリーム、アルコール除菌ウェットシートは必ず一纏めにしてポーチに入れています。

このポーチは子供専用で中には
着替え、ストロー、ビニール袋、ジップロックタイプの袋も入っていて、
旅行中に鞄の中を入れ替えても宿泊先の館内でもポーチさえ持っていれば安心なんですよ。

飛行機の薬の扱い国内線、国外線の場合は?

飛行機に乗って行く旅先は何も国内だけとは限らず、外国にも旅行に行く人は多いですよね。
国内なら薬の扱いも特にチェックされないけれど、
国際線で途中飛行機を乗り換えるとなると立ち寄る空港での検査はどうなんだろう…と不安は尽きません。

テレビで見ていても、海外の税関はチェックが厳しそうで
白い粉や錠剤は必ずチェックしている印象があります。

私は日本から出たことが無いので海外の税関チェックは経験がありませんが、
幸いにも友人は毎年海外旅行(本当に色んな国に行っているんです)に行っているので経験者豊富です(笑)
で、友人に聞いてみたところ…

「子供の薬は基本的に『子供用です』と言えばノーチェックよ」

心配なら処方箋を英文にしておけば、よほど英語圏外の国に行かない限りは通用するとのこと。
ただし、転売するつもりじゃないだろうね?!と疑われるぐらい大量に持っていると、
予感的中でチェックされ挙句に没収されたりするらしいですよ。

子供の薬でシロップが処方されることは多いですが、
シロップも特に容器を移し替える必要はないのでそのままの容器で機内に持ち込む事が出来ます。

ただ、気圧の心配があるのできっちり蓋を閉めて念のためにジップロックの袋に入れておくとより安心ですよ。

個人的に心配なのは、シロップの種類によっては冷蔵庫で保管するように指示される事がありますよね。

その場合、当然家から出る時に保冷剤を使ってシロップが冷えている状態をキープ出来ますが、
海外旅行となると保冷剤はもたないと思うんです。
この事を友人に聞くと、保冷バッグに沢山保冷剤を入れておけば15時間前後は余裕で冷えているそうです。
これなら安心ですが、もし要冷蔵の薬がある時は前もって保冷剤と保冷バッグの準備を怠りなく!!

さいごに

未だ日本から出たことがない私には海外旅行って本当に未知の世界!!

そして気軽に行ける場所ではないという思いが年々強くなってきていますが、
死ぬまでにはフランスのモンサンミッシェルに家族で行きたい!!

わが子は飛行機を見るのが好きだけど、
乗ると離着時のあの微妙なGが苦手なようでシートにしがみついています(笑)

そしてきっとフライト中はぐっすり寝てしまうんだろうなぁ…
私は三半規管が衰えてきているのか?
最近では乗り物酔いしやすくなってきたので、
子供ではなく私が薬の持ち込みを心配しなくてはいけないかもしれません…
こちらもCheck!

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。