ブヨに刺された時応急処置せず放置したらどうなるの?病院は皮膚科?

 

都心部や自然の少ない地域ではほとんど見ることがありませんが、田舎では当たり前な凶悪な存在なのが
ハエ目カ亜科のブユ科、関東ではブヨと呼び関西ではブトと呼ばれるアイツ。

小さいし刺された事に気づく人は少ないけれど、傷口を見れば刺した相手がブトだと簡単に気づくことが出来るのもブトの特徴です。
では、ブヨに刺されたら私たちはどうすればいいのでしょうか?

スポンサードリンク
 

ブヨに刺された時の応急処置は?

ブヨの大きさはハエや蚊よりもちょっと小さく体調2~5mm程度と本当に小さい!
そして蚊と同じなのが雌しか吸血しない事で、蚊と違うのは水辺から動かないという事。

蚊よりも小さいのに吸血の仕方はとっても凶悪!!
刺されたことがある人にはわかるかと思いますが、蚊は口ばしみたいなのを毛細血管に刺して血を吸いますよね。
ブヨはまず表面の皮膚に噛みつき、食い破って出血させます。
この時にブヨの唾液から抗凝固物質が分泌されるため、傷口の出血がなかなか止まらない!
そして出血させたうえで、血を吸うんです。
(吸うなら流血させるな!と言いたいし、吸血の仕方が雑な気もする…)

そして、ほとんどの人が刺された事に気づかないんです。
刺されて半日~1日経って、噛まれた部分が腫れてきて気づくパターンが多いんですよね。
敏感な人なら、刺された瞬間にチクっと感じるかもしれませんが。

噛まれてしばらく経つとすっっごい痒みと患部が熱を持ち始め500円玉よりちょっと大きいぐらいに腫れて腕や足を動かすのも痛いぐらいです。(兎に角掻いたらダメ!本当にダメですよ!!じっと我慢です!!)

この段階で気づいたら、ステロイド系の薬を可能な限り早く塗ります。
こうする事で、痒みを沈めて掻き崩す事を予防できます。
市販薬でおススメなのが「ムヒ」(我が家はこれです)「キンカン」「新ウナコーワ」「ムヒアルファEX」が効果的ですよ。

また川辺など水が近くにある山林などいわゆるキャンプ場付近に行くときには「ポイズンリムーバー」を持っていくと、刺された時に毒素を吸いだす事が出来ます。


☆定形外郵便送料無料☆ ヘッセル ポイズンリムーバー(応急用毒吸取り器) デンマーク製

一番良いのは、肌の露出を避ける事ですけどね!

スポンサードリンク

ブヨに刺されたあと放置するとどうなる?

蚊ならば刺された後は、放置していても数日で治りますがブヨは放置すると…場合によっては一か月以上腫れが引きませんし痒みは我慢出来ないかと思います。
そしてものすっごい痒みは2週間前後は続くので、なかなか病院に行く時間がない場合は市販薬を直ぐに塗る方が良いですよ。
放置しても蚊のように、すぐに刺された事すら忘れられる物ではなく日常生活に支障が出ます!!

病院に行かず放置する期間がどうしてもある場合、タオルを濡らしてレンジでチン!熱っつい蒸しタオルを患部に当てるとブヨの毒素である酵素が変性するので効果があります。
または集めのシャワーをかけて傷口の毒素を中和させるのも効果的です。

何もしない放置は絶対に止めましょうね!
せめて市販薬を塗ってくださいm(__)m

虫刺されブヨに刺されたら皮膚科で良いの?

蚊に刺されて病院に行く人はいませんが、ブヨに刺されて市販薬を塗っても効果がない場合はすぐに皮膚科を受診してください。
皮膚科で強めのステロイドを処方してもらい、いち早く痒みを抑えましょう。

痒みを抑えないと、ついつい衝動で掻きむしってしまいます。
そうなると、どんどん傷口は広がってしまい、雑菌が浸入しやすくなってしまいます
!!(そうなると治りにくくなっちゃいますよ)

ブヨに刺されたのなら、直ぐにでも皮膚科を受診する方が早く良くなりますよ。
私は以前ブヨに刺されたのに、そのうち治るだろうと放置してました。
すると、起きている時はどうにか掻きたい衝動を抑えられましたが寝ている時は無理!
ボリボリと掻きむしり翌朝シーツには血痕が!!!!!
数日後には傷口(噛み口)が化膿しちゃいました(涙)で、ようやく皮膚科を受診し医師に怒られましたー。
「早く来い!」ってね(涙)

けれど、皮膚科を受診して処方された薬を塗ったらすぐに痒みが引きました。
化膿した部分はちょっと治るのに時間がかかりましたが、これは自業自得なのでブヨは無関係?!

さいごに

ブヨってね、本当に小さいくせに凶悪なんですよ!!
大きい物より小さい物の方が私怖いんです。
だって、気づかないうちに忍び寄って刺したり噛んだりするでしょう?しかもその時は痛みがなくて、後から痛みや痒みと共に
気づかされる!

なので、一番良いのは肌の露出を控えた服装で「ポイズンリムーバー」をポケットに入れ、虫刺され用の薬を必ず携帯する事。
山の中や川辺などに行くときは事前準備を怠らないように注意してくださいね!

そうそう、ブヨは年中活動していますが特に春から夏の涼しい時間帯に活発になるのでスポーツする人や子供会などのイベントで
山の方に行くときは特に気を付けてくださいね!

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。