ブレンドコーヒーって何?自宅での作り方は?

コーヒー豆を店主が焙煎しているお店が増え、コーヒーをより身近に楽しめるようになってきました。
贈り物でドリップコーヒーやコーヒー豆を頂く事も増えてきて、自宅で楽しんでいる人も多いですよね。
ですが、以外にもブレンドコーヒーとアメリカンコーヒーの違いってご存知ですか?
コーヒー好きな私はざっくりとした違いしか分かりません(笑)
そこで「知るとなるほど納得!!コーヒー豆知識」を調べてみました!!

スポンサードリンク
 

ブレンドコーヒーって何?

カフェに行くと「本日のブレンドコーヒー」というメニューをよく見かけます。

メニュー表に酸味、苦味、コクなどの言葉があり、
そこから飲みやすそうかどうかをざっくり判断したり、思い切ってスタッフさんに
「あまり酸味と苦味がある珈琲は苦手です」と伝えて
ブレンドを変えてもらったりしているんですが、好きなコーヒー豆のブランドは分からない(知らない)。

それでもやっぱりコーヒーは好き!!
そんな同じ思いの仲間が実は多いと信じている私です。

ブレンドコーヒーというんだから、
数種類のコーヒー豆が混ざっているんだろうと名前からどんなものなのかざっくりと知ったつもりでいた私ですが、本当にそうか?調べてみると
本当にざっくりとした表面的な事しか当たっていない(笑)

ブレンドコーヒーとはUCCによると
「それぞれの豆の特徴を活かし、味のバランスを取って好みの味に仕上げる」
というもので、美味しいブレンドコーヒーを作る為には
やはり1つ1つのコーヒー豆の特徴を熟知していないと難しいとのこと。

コーヒー大好きで自分でブレンドしてしまう義妹の旦那さん曰く、
「豆の焙煎も季節、気温、湿度で日々変わってくるので、なかなかに奥が深いのがブレンドです!」
なんだとか。

お店で注文する時に好みのコーヒーの味を伝えると、
自分好みにブレンドしてくれるお店が多いというので是非我がままオーダーしてみてはいかがでしょうか♪

ブレンドコーヒーの入れ方は?

コーヒーを入れる時はインスタントでもフィルターでも大事なのはお湯の温度なんだそうです。
美味しくコーヒーを入れるのは私は初心者なので、義妹の旦那に教えてもらいました!!

まず、お湯を沸かしボコボコと沸騰したら火を止めて泡が落ち着くのを待ちます。
するとお湯の温度は95℃前後になるので、コーヒーの抽出に適した温度になります!

(この時、出来ればポットの注ぎ口が細くて長い方が、優しくお湯を注げるんだそうですよ)

サーバーとドリッパー(フィルターをセットするもの)、フィルターをセットします。
そしてお湯の温度と同じぐらいに大事なのが豆の量です。
私、ざっくりとこんなもんかな?と入れていたんですが、これがコーヒーを美味しく入れられなかった大きな原因でした!!

1人前なら10~12g、2人前なら20g、3人前なら25~30g、4人前なら35~40gが目安となります。

我が家はだいたい2人前しか入れないので、ドリッパーもサーバーもあまり大きくない物を買いました。

スポンサードリンク

必ずフィルターにコーヒー粉を入れたらまずは平らにならします。
そしておよそ20ccのお湯を入れて20秒待ちます。(コーヒー粉を蒸らして抽出しやすくします)
いよいよです!!
フィルター中心部にのの字を描くようにお湯を最初に80ccを入れて1/3程お湯が減ったら次に40cc、同じように1/3お湯が減ったら最後に20cc入れます。

これが教えてもらった動画です!!
義妹夫婦が言うにはこれが初心者には一番分かりやすいんだそうですが、確かに分かりやすかったです!!

ペーパードリップでのおいしいコーヒーの淹れ方【UCC】

コーヒーカップを温めておいてから、入れたてホヤホヤのコーヒーを入れて温かい内に楽しみましょう♪
このやり方で私の入れるコーヒーは劇的に変わりました!!
(ただ、ポットがガス専用だったので現在の新居では使えないのでお湯を移し替えて使っております)
正しいやり方を知るまでの私の入れたコーヒーは、濃さが入れるたびに違うし何とも雑な味!!
なんというのか?コーヒー色だけどコーヒーの香りは薄くて、美味しいとは言い難い(-_-;)

アメリカンコーヒーとブレンドコーヒーの違いは?

ブレンドコーヒーがなんなのかが分かった所で次に出てくる疑問がアメリカンコーヒーと何が違うのか?

私の母はアメリカンコーヒーが好きなので、メニューにアメリカンがない時は作れるか確認しているんですけど、私もどちらかと言えばアメリカン派。

母の様にお店でアメリカンにする事が出来るのか確認すると、驚きの場面を目にしました!!
普通に入れたコーヒーにお湯を入れていたんです!!

そうか…アメリカンってちょっと薄いからお湯で薄めるのが正しい入れ方なのか!!と変に納得したんですが、これがね笑ってしまうぐらいに違っておりました!!

アメリカンコーヒーとは豆の焙煎を浅くしてあり、酸味が強くてさっぱりとした味わいなのが特徴なんですよ!!
決してお湯が多めな訳でもなければ、薄味という訳でもなかったのです(笑)

つまり、酸味が苦手な私にとってアメリカンコーヒーよりはブレンドコーヒーの方が合っているという訳なんです。

コーヒーの好みは人それぞれ違って、酸味が苦手だな…さっぱりした味の方が好き、香りが鼻を抜けるような味が好き、色々です。

私はコーヒーは好きだけれどミルクを入れないと、ブラックでは飲めません(^^ゞ
そんな私が唯一ブラックで飲めるのは…「ハワイコナ」!!
クセがなくて、香りがフルーティ☆酸味もないので、飲みやすいんですよ。

アメリカンコーヒーが実は自分に合わない事を知ってからは、お店で飲む時はブレンドコーヒーにする事が多いです。
是非おススメしたいのは、焙煎をしているコーヒー専門店で飲み比べをしてみてください!
お店の人に言えば、何種類か試飲させてくれるので、自分の好みのコーヒーが見つかるかもしれません!!

さいごに

最近ドリップコーヒーにハマっている旦那がメキシコ出張のお土産で買ってきたコーヒーは何故かスターバックスのコーヒー(笑)
しかも、豆の状態!!
ミル持ってないし、どうしたものか…と思っていたんですが、近くのスタバで挽いてもらえないか聞いてみると快諾♪
更に分かった衝撃的事実!!旦那が買ってきたスタバの豆は日本では瞬殺で売り切れる超人気の豆だったんです(@_@)
だから、とっくに売り切れている時期に豆を持って来たらそりゃ驚きですよね~(^^ゞ
そして必要以上に得意げな旦那!!
(俺ってスゴイ!!と言いたそう…)

美味しい珈琲を自分で入れたくても、何だかハードルが高いような気がしていましたが…
義妹夫婦のお蔭で、それなりに美味しく入れられるようになりました。
練習を重ねるにつれ、自分の入れたコーヒーが確実に美味しくなっていくのが分かりますよ♪

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク

コメント